FC2ブログ
2007-02-28-Wed-22:45

脱帽、明日の予定

こんばんは。
すごい出来事との後の日。
余波を残し、売り買いが激しく交錯したようです。

いろいろ噂はあるようですが・・。
皆目どれが正しいのか、わかりません。
新興市場に流れいた投資が、この一連の株騒動で失敗に終わるかもしれないとの思惑から、
手仕舞いの売り決済が殺到したとも・・・。

株式市場は、一部では戻すところも出始めましたが、欧州は以前下落基調。
今日のニューヨークが戻せるかどうか。

インド株は、8ヶ月ぶり大幅下落、課税が原因とか。過熱感がある分、薬が強いと劇薬になりかねない。難しいですね。

先ほどのアメリカの経済指標は概ね予想の範囲内だと思います。
ただ、ドルは弱いようです。

今日は、米ドルがテーマかもしれません。
よくわかないときは、休み。

では、そろそろ失礼します。

国内経済・指標関係
 8:50 対外及び対内証券売買契約等の状況:週次:指定報告機関ベース(財務省)
10:30 10年利付国債の入札発行について
10:30 5年利付国債(3月債)の発行予定額等について
11:00 融調査研究会が提言「今後のわが国の融所得課税のあり方」
11:00 塩崎官房長官会見
12:45 10年利付国債の入札結果について
13:00 2月実績・日銀当座預増減要因と融調節(日銀)
13:00~17:00 衆議院予算委員会
14:00 経済産業次官会見
14:00 1月末税収実績(財務省)
14:00 2月新車登録台数 概況(自販連)  
14:00 2月軽自動車新車販売台数(全軽協)  
14:30 わが国融・資本市場の国際化に関するスタディグループ(融庁)
16:00 塩崎官房長官会見
16:00~18:00 日銀「短期金融市場フォーラム」
      福井総裁が開会あいさつ、中曽金融市場局長が論点整理
16:45 財務次官会見
         ・・海外・・
18:00 2月ユーロ圏製造業PMI
19:00 2月ユーロ圏消費者物価指数速報値(統計局)
21:30 2月米企業人員削減数(チャレンジャー社)
22:30 米新規失業保険申請件数(労働省)
      1月米個人所得・消費支出(商務省)
 0:00 1月米建設支出(商務省)
      2月米ISM製造業景気指数(ISM)
 1:00 米財務省3カ月・6カ月物TB週間定例入札条件
 2:45 ポールソン米財務長官がエコノミッククラブで貿易について講演(ワシントン)
スポンサーサイト



2007-02-28-Wed-11:33

さすがアジアの大国

こんにちは。
まさか117台は・・?

でも、こんな風なるから怖いと思うか、いやだからチャンスと思うか・・・、どちらかでしょうか。

為替ばかりに目を奪われていたら、株式市場の動きから債券市場へ、そして、為替市場へと。

債券は、金利があがると価格が下がるというシーソーのような動きするのです。
金利が上がると、価格は下げる
金利が下がると、価格は上がる。
最初知ったときは、理解に苦しみましたが・・。

さて、
中国政府が株式市場の過熱を抑制するために投資資金の流入を規制しようとしているのではないか、

・事前予想時から悪くい1月米耐久財受注が予想外の大幅悪化

・中東情勢の緊迫化などが背景とされ

・新興国債券市場では、中国を中心とした世界的な景気減速や流動性低下への懸念を背景に、リスクスプレッド(米国債との利回り格差)が20ベーシスポイント超拡大。

などから、
中国市場の株式市場が、ハンセン市場が前日比▼360.08、上海市場も▼268.81、深セン総合も▼66.31
それからインドの株式も▼170.69と、

昨日は、世界的な株の安値を記録したようです。

ここの国は、来月ポールソン米財務長官が日本を始めアジアを訪問。
そのまえの地ならしか、

米議会の思惑か・・・。

では、また。
2007-02-28-Wed-09:11

ピボットです。2/28

本日もよろしくお願いします。

前日の一日を通しての、高値安値、そして、ニューヨークの引け気配をもとに作ったものです。
下記、表をクリックすると拡大表示されます。


07.2.28pibbb.jpg

2007-02-28-Wed-09:10

フィボナッチ。2/28

こちらもピボット同様、前日の高値安値ニューヨークの引け気配を参考に作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記表をクリックすると拡大表示されます。
07.2.28fi.jpg

HOME