FC2ブログ
--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-02-27-Tue-23:01

円高へ、続行中

こんばんは。
一段と買いの動きが強まったようです。
なにが・・?

そうですね。
いろいろあとづけで理由はあるようですが、傾きすぎた全体のポジションの修正、
またや短期筋のファンド勢のテクニカルな仕掛けもあったのではないかいと思いますが(個人的には)。

さて、午後10時半のアメリカ経済指標は事前予想以上に悪化。市場参加者は知っていたのか、大きく反応せず。
でも、ドルの上値は重い。

依然、えっえ、買い継続中。


横道へ、
タイバーツも34.300~34.115
ロシアルーブルが1ドル=26.1599ルーブルに上昇、99年11月以来の高値
人民元も7.7415~7.7490
インドもインフレ抑制に懸命とか。

新興市場も高利が目あてか。

ついに118台とは・・・・。恐るべし。
今年は、乱高下。
油断できない。
では、そろそろ失礼します。

国内経済・指標関係

08:30 2月製造業PMI(野村・JMMA)
08:50 1月商業販売統計(経済産業省)
08:50 1月鉱工業生産速報(経済産業省)
10:00 水野温氏日銀審議委員が宮城県融経済懇談会に出席
10:20 政府短期証券(第436回)の発行予定額等について
10:20 政府短期証券の入札発行について
10:30 交付税及び譲与税配付特別会計の借入の入札予定について
11:00 1月生産・輸出実績(自工会)
12:30 GAA2月調査 
12:35 政府短期証券の入札結果について
13:00 交付税及び譲与税配付特別会計の借入の入札結果について
13:30 水野日銀審議委員が仙台で記者会見
14:00 1月住宅着工戸数(国土交通省)
14:00 1月大手建設受注(国土交通省)
17:00 財務相会見
19:00 外国為替平衡操作の実施状況(財務省)
19:30 2月実績速報・日銀当座預金増減要因と金融調節(日銀)
<海外>
18:00 2月独失業率(連邦雇用庁)
19:00 1月ユーロ圏消費者物価指数改定値(統計局)
      1月ユーロ圏失業率(統計局) 
      2月ユーロ圏景況感・業況感指数(欧州委員会)
21:00 米住宅ローン・借換え申請指数(米抵当銀行協会)
22:30 第4・四半期米GDP改定値(商務省)
22:50 ガイトナー米ニューヨーク連銀総裁が講演「流動性と金融市場」(ニューヨーク)
23:45 2月米シカゴ地区購買部協会景気指数
 0:00 1月米新築1戸建て住宅販売(商務省)
 0:00 バーナンキ米FRB議長、下院予算委員会で財政・経済について証言」(ワシントン)
 0:30 コーン米FRB副議長が労働力の高齢化について議会証言(ワシントン)
 2:30 トリシェECB総裁、欧州議会・経済金融問題委員会主催の会合
       「ユーロ圏─収れんか拡散か」で講演(ブリュッセル)
      1月仏失業率(労働省)
スポンサーサイト
2007-02-27-Tue-21:13

ドル売り込まれる

こんばんは。
いやぁ、思惑からでしょうか、それともポジションが一方方向に偏っているからか、

午後5時過ぎ、昨日の官房長官発言「脱デフレ脱却も」、
それに加え、アメリカ経済の不透明感が強まってきたようです。

聞きなれない言葉、
サブプライム市場
・(信用度の低い顧客)向け住宅ローンのこと
これの焦げ付き増加による米景気の減速懸念とイラン情勢からくる地政学リスクへの警戒感の増幅



ユーロ圏の景気拡大、にわかに高まりだした原油高からくるリスク。

来月早々の各国の利発表を控えての動き。

そして、ロシア、タイなど新興市場へ投機の機運の高まりなどもあるのでしょうか

下記の表は、米ドル対ルーブルの日足
ru-buru07.2.27.jpg


こちらは、米ドル対タイバーツの日足
tai07.2.27.jpg


ドル売りに流れに・・。
今年は、乱高下しそうですね
2007-02-27-Tue-19:37

急落!

こんにちは。
午後からはまるでジェットコースター。

ポジション調整、
利益確定の売り

高値

イラン問題、
米国経済の不透明が強まる中、

ドルは、119.57付近
ユーロ、157.82付近

ユーロドル、1.3220付近
ポンドドル、1.9648付近


欧州参加後、一気に爆発でしょうか。

こうなると原油相場の動きも注意したい。
2007-02-27-Tue-17:24

急落!

こんにちは。
午後からはまるでジェットコースター。

ポジション調整、
利益確定の売り

高値

イラン問題、
米国経済の不透明が強まる中、

ドルは、119.57付近
ユーロ、157.82付近

ユーロドル、1.3220付近
ポンドドル、1.9648付近


欧州参加後、一気に爆発でしょうか。

こうなると原油相場の動きも注意したい。
2007-02-27-Tue-08:43

フィボナッチ。2/27

こちらもピボット同様、前日の高値安値ニューヨークの引け気配を参考に作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記表をクリックすると拡大表示されます。07.2.27fi.jpg

2007-02-27-Tue-08:43

ピボットです。2/27

本日もよろしくお願いします。

前日の一日を通しての、高値安値、そして、ニューヨークの引け気配をもとに作ったものです。
下記、表をクリックすると拡大表示されます。


20070227084226.jpg

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。