FC2ブログ
2007-02-19-Mon-21:04

今日から明日へ

こんばんは。

何も起こらない日ってそうそうないようですね。

朝方は、ニュージーランドの中央銀行が来月、政策利を7.5%に引き上げる公算が大きいという見方が浮上。反対に豪準備銀行(RBA)は今月、政策利を6.25%で据え置いた。

 これでNZDが対ドル、対、対豪ドルで買い気配へ。

午後に入っても、こう着気味の展開となり一層その度合いが強まった。本格的に欧州勢が参加しだすと、売りを先行させ、ドルは一時11973銭、ユーロは、15734銭、ポンド円は、233円63銭。

 しかし今日もまた、ポンドが話題を提供。イングランド銀行が、実質実効相場でのある程度の下落が必要と。これの報道で急落。ポンド売り・米ドル買いの流れを作りだしたようだ。

 今日は各国のコメントが、立て続けに。ユーロ圏では、ドイツ銀行がユーロ相場の上昇を容認。でも、ユーロドルの大幅な上げには至っていない。

 今日19日は米国の祝日。市場参加者は、21日のRBA総裁議会証言やBOE議事録が公開、四半期賃統計、日銀融政策決定会合の行方を見守っているようだ。

<<明日の注目材料>>
国内経済・指標関係
日銀融政策決定会合(1日目)
9:00~17:00 衆議院予算委員会
8:30  閣議、閣議後会見
10:30  2年利付国債(3月債)の発行予定額等について(財務省)
10:30  流動性供給(第11回)入札発行について(財務省)
13:00  流動性供給(第11回)入札結果について(財務省)
13:00  衆議院本会議
14:00  財政融資資月報(1月末現在)(財務省)
14:00  政府税制調査会企画会合
14:00  日本鉄鋼連盟 生産速報(1月)
15:00  全銀協会長会見
16:00  1月コンビニ既存店売上げ 
16:20  政府税制調査会企画会合・香西会長会見
17:00  流動性供給(第11回)入札において追加発行した国債の銘柄について
海外
16:00 1月独生産者物価指数(連邦統計庁)
16:45 第4・四半期仏GDP(INSEE)
日付を回って
2:00  米財務省4週間物TB入札条件
2:30  バイズ米FRB理事が講演「住宅ローン市場のリスク管理」
       (ノースカロライナ州ダラム)
5:00  米財務省3カ月・6カ月物TB週間定例入札
7:00  米週間消費者信頼感指数(ABCニュース/ワシントンポスト紙)

      中国、香港、シンガポール、台湾市場は休場[以上、旧正月]
企業関係
13:00 シャープ 液晶テレビ新商品発表会
13:00 ニコン 新製品およびブランド戦略説明会
13:30 経済同友会 代表幹事記者会見
13:45 製紙連合会 定例記者会見
15:00 山崎製パン 2006年度本決算
15:00 ブリヂストン 2006年度決算
15:30 ストリーム 上場会見
債券関係
[払込日]
・国際復興開発銀行豪ドル建て債 発行額4億3800万豪ドル
・国際復興開発銀行南アフリカランド建て債 発行額1億2800万ランド

             
スポンサーサイト



2007-02-19-Mon-15:57

強いぞ!

こんにちは。
予想通り、アジア時間は小動き。

でも、中でも強含み傾向なのがNZDでしょうか。
ドルで、0.70ドル台に
で、83.97

対AUDでも、1.12ドル台前半と。

原因は、来月3/8のRBNZのオフィシャル・キャッシュレートでの利上げ観測が強まったようです。

現行、7.25%

これが、7.50%へ。


仕込みは、早いですね。

真夜中は、変な発言がなければ、小動きかと思いますが・・。

何があるか、わからないのこの世界ですね。
2007-02-19-Mon-08:00

フィボナッチとピボットです。2/19

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。

前日の一日を通しての、高値・安値、そして、ニューヨークの引け気配をもとに作ったものです。
下記、表をクリックすると拡大表示されます。
07.2.19pib.jpg


こちらもピボット同様、前日の高値・安値、ニューヨークの引け気配を参考に作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記表をクリックすると拡大表示されます
07.2.19fibbb.jpg

HOME