FC2ブログ
--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-02-12-Mon-22:04

裏腹に・・・!

こんばんは。
何回もFXの世界では、話題にのぼっている今回のG7、でもこの連休中のニュースを見ているかぎりそれは一過性のことであり、過ぎてしまえば何のことはないようです。
 
 いきなり円安に向かうと思っていたのですが、そう容易くないようです。欧州通貨対米ドル。この構図に、色合いをつける通貨が、スイスフランであり円でしょうか。

 ユーロ/円の高値更新。すーと行けず利食いの買い戻しが入った模様、さらに対ドルでの急落が原因でしょう。ポンド/ドルの下落も加わり。欧州売り、米ドル買いへ。

 強いドルは、米国の利益。よく耳にする言葉です。ある人が言っていました。為替レートを指しているのではない。国益に見合うレートであれば、円高でも円安でもいいと。

 短いフレーズからくるイメージ、言葉が織り成す相場模様。それとその時の水準、参加者のポジションの傾き加減。これらが作用して、転がりだすのかもしれません。

さて円安は、共通の懸念ではあるが、言及せず。来週の日銀金融政策決定会合に向け、想いが駆け巡るのではないでしょうか。今回も利上げが見送りとなると、さらに円安傾向でしょう。

 明日以降、バーナンキFRB議長が民主党が多数の議会で証言、14日上院銀行委員会、15日下院金融サービス委員会でそれぞれ。12年ぶりにFRB議長が民主党主導の議会に立つのは。さて、どうなるか。
 15日日本のGDP速報、米国の対米証券投資額、などが予定。

ロンドン時間、午後1時を回りました。
だいぶ落ち着くを取り戻しつつあるようです。

さて、ニューヨーク勢は、どんな判断をするのでしょうか。

では、そろそろ失礼します。

また、明日。
スポンサーサイト
2007-02-12-Mon-20:16

意外な展開!

こんばんは。
すんなり円安に動くのかと思えば、そう上手く行かないようですね。

参加者の多くが、描いただろう筋書きとちょっと違ってきているのではないかと思う。私もその一人。


強い米ドル=毎回惑わされる。数字を言っているわけではない。
 どの水準でも、米国の国益を反映するレートならいいのです。


でも、数字、水準、レートをイメージしてまう。



 米ドルは、それほど強い通貨か、
 いや、違う。中東情勢に目を移せば、終わりが見えない。

 だから、来年の大統領選の火蓋が切られたのかもしれない・・・。



さて、ここまでの材料。

朝方、豪中銀が今年の基調インフレ率予想引き下げ、過去の利上げ効果を確信。また、オーストラリアは16年連続で景気が拡大、リソースの余力が乏しくなっている。
 RBAはインフレを抑制するために昨年は3度利上げし、オフィシャルキャッシュレートは現在6.25%と、6年ぶりの高水準にある。が、利上げ観測が遠のく。
AUDが急落


・「強いドルは米国の利益、相場は市場が決めるべき」
ポールソン米財務長官の談話が、独逸紙に掲載されてから、ドル買い一辺倒へ。


 ロンドン時間の正午近くになると、ドル円もようやく重いながら買い気配へ。


 ちょっと動きが、つかみきれない。
2007-02-12-Mon-11:27

黙認の円安か、122円、159円

こんにちは。
東京市場が、休みの朝からにぎやかなマーケットのようですね。

ドル円の進捗具合の比べて、ユーロ円やポンド円の円安の動きの方が勢いがあるようですね。


160円もこうなると視野に入ってきそうですね。
けん制発言等を繰り返しながら。

今年は、クロス円の動きの方が、おもしろみがある相場になりそうな気がしてきました。

ドル円の動きは、鈍く、システムトレードが幅を効かせるようになっているようですから、過去のチャートを見ても年々値幅が狭くなってきているようです。

まだ、クロス円の方が、掛け算通貨や割り算通貨があり、そう簡単にいかないと思っていますが、

金融工学世界の技術革新も日進月報でしょうから、いずれは。

ドル円は、122円08銭
ユーロ円は、158円97銭
AUD円、94円84銭
NZD円、83円48銭

CAD円、103円99銭
ポンド円、238円79銭

ややドル売りも入っているようです。

本番は、午後3時以降、ヨーロッパやアメリカがこの声明文をどう、判断・解釈するかでしょう。

英語と日本語訳の違い・・。


では、また後ほど・。
2007-02-12-Mon-07:55

フィボナッチとピボットです。2/12

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。

前日の一日を通しての、高値・安値、そして、ニューヨークの引け気配をもとに作ったものです。
下記、表をクリックすると拡大表示されます。
20070211142204.jpg



こちらもピボット同様、前日の高値・安値、ニューヨークの引け気配を参考に作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記表をクリックすると拡大表示されます。
20070211142212.jpg

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。