FC2ブログ
2006-12-02-Sat-04:08

11/27~12/1を振り返って!

11月27日の週の材料。

27日

 先週、円買いから始まった為替相場。日本の休日や米国の感謝祭の休日で取引参加者が減ったところ狙い、欧州ファンドの勢のドル売り。そして、いきなり窓が開いて始まった27日(月曜日)の朝7時。でも、すでにオセアニアで始まっていた。
約3カ月ぶりドル安/円高水準、一時115円40銭。ユーロ/ドルもっと早い時間に、1.3180ドル。1.9405ドルを付けたポンド/ドル。
いやぁ、すごい。午前中、中国国家外為管理局高官の発言や午後の日銀の福井俊彦総裁の発言。徐々に値を戻す。ロンドンが入ってきて、ブルトン仏財務相の発言で、一旦はユーロ売りになるが、このあとのユーロ圏の財務相会合を控えている。全般にNYKが参加後もパッとしない展開。
欧州株式、ニューヨークダウが大幅な下げに転じ、金相場や原油先物等の商品市場が活況ていしているダウ大幅安、約▼158ドル下落、欧州も下げ。

28日

 相変わらず日中小動き。内閣府副大臣の利上げ牽制発言。ロンドン勢が参加後動きだす。ユーロ圏の各国の経済関係者の発言が飛び交う。ユーロ買いを肯定へ。そして、スペイン企業の英国電力会社の買収報道、思惑的なユーロ/ポンドでのポンド買い。気持ちよく円売り、見事な右上がりの線。
アメリカの経済指標第1弾、10月の耐久財受注。そして、午前零時の11月消費者信頼感指数、中古住宅販売件数(価格が3ヵ月連続下落、68年以来)。でも、116円前半での揉み合い。ここ2日間ニューヨーク勢は、積極的に参加していない感。FRB関係者の発言も立場や主義からいつもと変らない。強気な人強気。影響を与える人は、無難に。高金利通貨は、上昇中。
スポンサーサイト



2006-12-02-Sat-01:58

一段落かな?

こんばんは。
どこかで見た景色かな!なんて思ってしまう今週のドル円相場。
116円をはさんでの動き。その前は、118円をはさんで。

結果、翌週大きく窓が開いて始まった。

そして、今日も一時114円97銭まで。ドル離れが進行。
来週の米国の雇用統計もあり、投信の設定もこれだけ円高行くとまるまる儲けでしょうね。



新しい年度が始まっている市場参加者もいるでしょう。薄くなったマーケット、少しの玉で利がでやすい・・。


来週も嫌な予感・・。

では、また。
2006-12-02-Sat-00:13

ドル売りへ、加速!止まらない。

こんばんは。
今日もアメリカの経済指標の結果でドルのバーゲンセール。

ユーロ円は、154円台に上昇。

まだ止まらない。

ECB高官の強気発言後、この材料。

一時、115円48銭。

ユーロ円、154円11銭。


これからまだどうなるか、わからない。
HOME