FC2ブログ
2006-12-01-Fri-23:31

ECB高官強気発言で!

こんばんは。
今少し前、ECB高官の強気発言が飛び出し、

 ユーロ買いへ。
 ユーロ円は、154円目前。


 ユーロ高懸念せず。1.40-1.45もOK、だって。

 どこまで強気か、来週のECB理事会で利上げはすでに織り込み済み。

 あとは、来年以降の動向に注意か、

 思惑が走り出した・・・。
スポンサーサイト



2006-12-01-Fri-05:13

12月1日 予想レンジ

おはようございます。

すみません、毎回ブログのデザインを換えて、なかなか決まりません。


さて、今日は、朝8:30がひと勝負。

 ドル円:115.00~116.30

 ユーロ円:152.65~153.60


 ポンド円:226.00~228.50


 AUD円:90.80~91.70


 NZD円:78.50~79.50



 ユーロドル:1.3150~1.3300



 くれぐれも最終判断は、ご自身でお願いします。


 では、今月もよろしくお願いします。


    
2006-12-01-Fri-03:42

30日の動き。

30日
 東京時間は、朝方投信の設定や機関投資家の買いが断続的に入る。しかし116円56銭まで。ストップ狙いもあったようだが。その後、英ファイナンシャルタイム紙で、日本の10月鉱工業生産の結果で、12月の追加利上げの観測が台頭、海外ファンドのまとまった売りも重なり、一気に下げへ。
 また、午後日銀審議委員の前向きな発言もあり円買いが進み、上値が重くなる。

 ロンド勢参加後、ポンドが主役。1992年9月以来の高値をつけた。14年ぶり。1.9700ドル目前。ポンド円も227円後半。緩やかなポンド買いが続く。対円、対ドルで。

 劇的な幕開けは、午前零時のシカゴ購買部協会指数。基準値50を下回る49.9。前回:53.5、予想:54.4。一気にドル売りの材料。

 一時115円51銭まで。ユーロドルは、1.3276ドル、ポンドドルは1.9699ドル、ドルスイスは、1.1959ドル、AUDドルは0.7907ドル。と更新。

 日中の流れがからすると、上値が重くなりだし22:30のアメリカの経済指標でのドル反発も弱かったところに、この数字がダメ押し。

 あとは、明日の日本の経済指標8:30、証券税制の対応がどうなるかでしょうか、株式の動きも要注意かと思われます。

2006-12-01-Fri-03:40

きっかけのシカゴPMIの中身

11月のシカゴ地区購買部協会景気指数は49.9、前月は53.5
シカゴ地区購買部協会がまとめた景気指数は以下のとおり。50が経済活動の拡大・縮小の分岐点。エコノミスト予想は54.0。

(季節調整後)
       11月   10月   9月
景気指数  49.9 53.5 62.1
生産*    54.4 59.2 67.4
新規受注*   52.0 54.1 67.3
受注残*   45.9 47.5 51.0
在庫     57.7 67.2 63.5
雇用*     49.4 57.0 50.8
入荷遅延*    43.0   54.1 56.8
支払価格*   60.2   62.5 69.8

*は景気指数の構成項目。

出所:ロイターより
2006-12-01-Fri-02:10

ドル円急落へ!!!

こんばんは。
 気がつけば、すでに12月に入ったのですね。午前零時のシカゴ購買部協会指数:49.9、50が判断数字。アジア時間の動きからして上値が重くなっていたことや10月の日本の鉱工業生産の好結果などから、海外勢にとって、12月の追加利上げの可能性が高まった。日銀関係者も後押し。

 発表前からドル売りの感じがチャート上からぷんぷん。一気に116円を割り込み115円51銭まで。


 反発弱く。115円半ばでの揉み合いが、続く。


 原油もプラスで、62.92ドル付近2:08ごろ


 ダウは下げ、▼54ドル、12173.14ドル付近(同時刻)



 クロス円でも円買いになっている通貨もある。


 やっと、ニューヨークのお昼。

 さて、終盤は・・・・。
HOME