--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-11-30-Thu-05:03

30日の予想レンジ

おはようございます。

予想レンジ:

  ドル円:115.80~116.70


 ユーロ円:152.50~153.25


 ポンド円:225.50~227.60


 
  AUD円:90.70~91.40


  NZD円:78.50~79.35


 ユーロドル:1.3050~1.3190


 くれぐれも最終判断は、ご自身でお願いします。

 では、今月もありがとうございました。
スポンサーサイト
2006-11-30-Thu-04:37

29日の動き

 おはようございます。
 今少し前にベージュ・ブック(米地区連銀経済報告書)が公表。

比較的強めな内容のようにとれました。だからと言って、利上げあるのではなく、据え置き期間が長く軟着陸に向けていい印象を与えるのではないでしょうか。



 さて、日中日本の鉱工業生産の結果を材料に円買い。一時115円58銭まで。その後、戻しが入り116円手前まで回復。
 ロンドン勢が参加後、一段と円売り・ドル買いで116円47銭、ユーロ円は、153円13-15銭。東京の朝一153円43銭の最高値。ポンド円はロンドンの後半に、227円15銭。オセアニア通貨も堅調に推移。


 アメリカの22:30も経済指標でややドル売りになるもの、今週はずっと116円近辺で止まってしまう。

 午前0時の経済指標からドル買いへ方向転換。

 原油のEIAの週間在庫の減少もあり、反発し約1ドルの上昇。
ここに来て62ドル前後での揉み合いとなっている。

 そして、ユーロ圏からまた発言。フランスがユーロ高を歓迎していない。牽制発言が相次ぐ。

 でも、ドイツも来年1月から税金が上がるから、このユーロ高そう、長くは続かないでしょうね。調整は、入るでしょう。



 30日は月末。ややドルが買われやすい展開のような気がします。
 

2006-11-30-Thu-00:53

FX証拠金取引での、税金は?

こんばんは。
最近、お客様から聞いた話によると、FX証拠金での利益(為替差益)やスワップ(金利とかよばれているもの)に対して、雑所得で20%の税率がかかる。そして、給料所得があれば合算。翌年、税率が上がるのです。

 銀行や証券のように、儲け・利子から一律20%(15%+5%)の源泉分離課税であれば、そこで税金に対して終了。


 でも、FX証拠金は会社ごとにスワップの管理が違っているようで、
昨年7月から、金融庁の管轄下になって一段と厳しくなった業界ではありますが、襟を正したには正したが、個人投資家の日々のスワップ、それも各通貨ごととなると膨大な数。

 FXの会社では、業務が大慌て!!!!!。とか。


税制面もちゃんとしていかないと、参加者は増えないし、逆に減るばかりと思う。


 実際に、大変な方も、でてきているようです。


 また、社会問題にならないと対処しないでしょね。

 この国は、・・・。残念ながら。


個人投資家のみなさん、日々の状況はまめにチェックを。
人任せだと大変なことに・・・。





 
2006-11-29-Wed-23:59

ニュージーランド・期待サーベイDecember 2006 report

こんばんは。
11/21のニュージーランドの企業経営者・期待サーベイ。11/8に実施。

出所:ニュージーランド準備銀行より。翻訳機で

Introduction
The Reserve Bank of New Zealand Survey of Expectations is a New Zealand-wide quarterly survey of business managers. ACNielsen conducts the survey on the Bank's behalf. Respondents are asked for their expectations of future outcomes of a range of key macroeconomic data.

序論
Expectationsのニュージーランド準備銀行Surveyは営業支配人のニュージーランド全体の四半期調査です。 ACNielsenはBankに代わって調査を指導します。 応答者にさまざまな主要なマクロ経済のデータの将来の結果への彼らの期待を求めます。


The latest RBNZ Survey of Expectations was conducted on the afternoon of Wednesday 8 November 2006. Note that the results of the survey represent expectations held by respondents and in no way represent the views or forecasts of the Reserve Bank. Graphs and figures in the following report refer to the mean expectation levels of respondents.

Summary of Results

Expectationsの最新のRBNZ Surveyが2006年11月8日水曜日の午後に行われました。 調査の結果が応答者によって保持された期待を表して、準備銀行の視点か予測は決して表さないのに注意してください。 以下のレポートのグラフと図形は意地悪な期待レベルの応答者について言及します。

結果に関する概要


nflation expectations for both the one and two year horizons have fallen. Average one-year-ahead Consumers Price Index (CPI) inflation expectations dropped significantly, to 3.0%. This is a fall of 0.5 percentage points on the one-year expectation recorded in the last survey. Two-year-ahead expectations also fell, from 2.9% in the last survey to 2.7% now. The median two-year rate is 2.8%.
 ここ1年、2年の地平線へのインフレ期待は下がりました。 1年先で3.0%までかなり落とされたConsumers Price Index(CPI)インフレ期待を平均してください。 これは最後の調査に記録された1年の期待での0.5のパーセントの低下です。 また、2年先に、期待が今や、最後の調査における2.9%から2.7%まで下がりました。 中央の2年のレートは2.8%です。06.1121rbnz4.jpg

2006-11-29-Wed-04:51

29日レンジ予想は?

おはようございます。
ニューヨークの終盤に入って、ドル円は116円台を割り込む。
オセアニア通貨は、上昇中。


 予想レンジ:
 
 
2006-11-29-Wed-04:45

28日、今日のニューヨークの動き

 相変わらず日中小動き。内閣府副大臣の利上げ牽制発言。ロンドン勢が参加後動きだす。ユーロ圏の各国の経済関係者の発言が飛び交う。ユーロ買いを肯定へ。そして、スペイン企業の英国電力会社の買収報道で、思惑的なユーロ/ポンドでのポンド買い。気持ちよく円売り、見事な右上がりの線。

 投資のお金が流れていくようだ。アメリカの経済指標第1弾、10月の耐久財受注、前月比▼8.3%、非国防航空機の大幅減が響く。コアも。そして、午前零時の11月消費者信頼感指数、中古住宅販売件数(価格が3ヵ月連続下落、68年以来)。

 でも、116円前半での揉み合い。ここ2日間ニューヨーク勢は、積極的に参加していないようです。FRB関係者の発言も立場や主義からいつもと変らない。強気な人強気。影響を与える人は、無難に。
 相場に直接影響を与えるものではなかった。高金利通貨は、上昇中。
2006-11-29-Wed-02:49

言葉の魔術。

こんばんは。
 今日のニューヨークも開店休業気味ですね。何を待っているのでしょうか?
 22:30から耐久財等の結果が悪く、ドル売りに。その後、0:00の消費者信頼感指数・中古住宅販売件数、リッチモンド連銀指数。住宅関連指数が、8ヶ月ぶりにプラス、価格は最大の下げ。この結果後、金相場は、641.00ドル近辺から、一時633.00ドル割れ。値を戻し638.00付近。

 ニューヨークダウは、やや下げ気味。原油は、61ドル台に回復(2:07ごろ)。



 さて、
 円キャリーとは、よく耳にするけど。
 
2006-11-29-Wed-00:08

大事なこととは・・・・、

昨年、秋頃から騒いでいるFX(証拠金)って。

 基本は、外国為替証拠金取引とあるので取引をすることだと思います。よく金利(スワップ)がつくと言っても外貨預金ではありません。たまたま建玉を決済せず持ち越した場合につくものですが、為替変動が常にあるので差損(利益)が生じること忘れていけないと思います。

 さて、通常ニュースで言われている外国為替取引は、銀行間のことでインターバンク取引のことを指しています。ここでは決済が2営業日後の取引が行われ、スポット取引と呼ばれています。
2006-11-28-Tue-04:34

さて、予想は・・・。

おはようございます。
ややニューヨークの終盤に入って少し動いたかなって、感じでしょうか。

それにしても、今日NYKは動意に欠け総じて、方向感ない状況と言ったところでしょう。ただ、まだ、財務相会合が終了していないようです。
ちょっと気になります。


 さて、予想

  ドル円:115.00~116.50


  ユーロ円:151.50~152.80


  ポンド円:223.30~225.00


   AUD円:89.80~90.55


   NZD円:77.20~78.10



  ユーロドル:1.3030~1.3170



  くれぐれも最終判断は、ご自身でおねがいします。


  では、真夜中に。
2006-11-28-Tue-04:03

持ち越しへ、小動きのまま

27日
  先週、円買いから始まった為替相場。日本の休日や米国の感謝祭の休日等で、取引参加者が減ったところに、欧州ファンドの勢のドル売り。ドル全面安へ。

  そして、いきなり窓が開いて始まった月曜日の朝7時。約3カ月ぶりドル安/円高水準。115円40銭。ユーロ/ドルもっと早い時間に、1.3180ドル。1.9405ドルを付けたポンド/ドル。対ドルの高値を付けた時間はまちまち。それだけ、思惑が違ったのか?それにして、いやぁ、すごい。
2006-11-28-Tue-03:12

ユーロ圏、意見が食い違う

こんばんは。後数分でユーロ圏の財務相会合です。
でも、その前にユーロ圏の各国財務相が発言。
国が違えば、立場も、ユーロ高に関して意見の食い違いが生じてきているようです。


OECDが経済見通しの草案を発表。半期のエコノミック・アウトルックより、

相変わらず、ユーロ圏は順調に経済成長率を伸ばすと予想。

逆に、米国は下方修正へ。景気鈍化を予想。


日本ももれずれに、下方修正へ。利上げには慎重有するようです。


やや円買いか?


でも、大きくは動いていません。
2006-11-28-Tue-00:38

何かを待つのか!ニューヨーク勢、

こんばんは。
朝方のドル売りから一転、ドル円は116円台に回復?
NYK勢の参加後も、ここ動き。

116円00銭~40銭レンジ。

クロス円、特に欧州通貨で、予想以上の円安。
正直ここまでの円安には、驚き。


今後、午前3時からのユーロ圏の財務相会議がりあます。

そちらに注目。

そろそろ、ロンドン・フィキシングの時間を向かえようとしています。

今日は、アジア時間にマーケットのいいところ持っていかれたので、
手がでないか、発言待ちか?


ニューヨークダウ、
大幅な下げへ、約100ドル近くの下落(0:36ごろ)

金相場は、638.54ドルと続伸中、
原油も59.88ドルとプラス圏



動きだしたよですね。

では、また。
2006-11-27-Mon-09:15

窓が開いて、始まった!

おはようございます。
いきなりかなりドル円も115.85付近から一気に115.45付近まで下落とは、すごい仕掛け!

ドル全面安。いきなり。

これだけ売りが強まると、
今後のアメリカの経済指標の結果が良くても上げ幅は、限られるでしょう。
過去の流れからみて・・・・。

ドル円は、113円台も今週みるかもしれませんね。

ユーロ圏が、ちょっとトーンダウンしてくれれば、いいのですがね・・・。

ユーロ円、ポンド円、スイス円の許容範囲は、どこまでなのでしょうか?

輸入品が、高くなるよ!!!


2006-11-27-Mon-00:19

今週も始まりますね!

こんばんは。
今日はどんよりとした一日でしたね。
久しぶりに都内に散策、でもお店の中はガランとしていました。

暖冬のせいもあるのか、それともクリスマスまで待っているのか
財布の紐は固いようです。

さて、今週も各国の経済指標が数多く予定されています。火曜日から始まるようです。

ドル売りにだいぶ急激に傾いた相場が、ニューヨーク勢が休み明けとなる明日から、どんな反応を見せるのか?
 そのあたりが注目か。アジア時間は、月末の週ということでなかなか手が出せないのではないでしょうか?

 12月4日の週からECBや南アフリカ、イギリス、ニュージーランド、スイス、12日アメリカ、と今年最後の政策金利の発表を迎えます。すでに織り込んでいる国の通貨は、発言から来年の動向を探るきっかけが、ほしいところ。


 さて、27日のレンジは。

  予想レンジ:
  ドル円:115.50~116.50

  ユーロ円:151.00~152.00

  ポンド円:222.70~224.50

  AUD円:89.70~90.30

  NZD円:77.40~78.30



 ユーロドル:1.3000~1.3150



 くれぐれも最終判断は、ご自身でお願いします。

 
 今週もよろしくお願いします。
2006-11-25-Sat-06:06

今週をふりかって

11月20日の週の材料。
G20明けで幕を開けたが、為替に言及せず、また、ECB総裁のタカ派発言を機にユーロ/円が、高値を更新し151円68銭をつけた。また、オセアニア通貨も堅調に推移し79円台、91円台を一時みる。一方、カナダ円は、経済指標の悪化や原油相場1月限り軟調地合いを受けて102円78銭。
 総じて、新味に欠けて相場展開、ポールソン米財務長官やフィッシャー・ダラス連銀総裁の発言も限定的なもので相場に影響を与えるものではなかった。

21日
 小動き全般。しかし、レバノン産業相の暗殺を機に地政学リスクからドル売り。また、NYKの午後に入って米政府の来年度の経済見通しの下方修正、FRB公定歩合の議事録で現状維持が11連銀、噂(雇用統計の下方修正来月分)などから、利下げ見通しが台頭でドル売り。カナダ円は経済指標の悪化が続き売りで軟調地合い継続。
22日
 日中は小動き。米景気減速感強まる中。ドル軟調地合い。19時ごろ、ユンケル議長の発言を機に、ユーロ円での円買いを誘発。その後、米国の一連の経済指標の悪化でドル売りが入ると急落、116.38まで。ユーロドルは6月以来の1.2955ドル、ポンドドル1.9164とドル全面安の展開になる。その後、祝日前でのポジション調整の買い戻しから116.95に戻すが続かない。クロス円もドル円の動きにつられる。
23日
 円キャリー解消が進み、欧州勢参加後一段と鮮明となり対主要通貨で円買いになった。クロス円では、カナダ円が101円67銭、ドル円が2カ月ぶりの安値116円05銭、オセアニア通貨も軒並み大台がわりとなった。ユーロドルは、5カ月半ぶり高値1.2974ドルをつけた。ロンドンフィキシング後は小動きとなった。今後の展開に注目。
24日
 やや昨日の円買いに疲れたの、それともマーケットを積極的にかき回す者が不在なのか、全般に小動き。そして、幕が開いたのは、俄然元気なロンドン勢。ドルの保有者は長期金利低下とドル安のリスクに直面と中国人民銀行副総裁の発言と重なり、昨日の円買いと逆に、“ドル全面安・ドル売り”。
 ドル円は一時115円58銭。ユーロドルは、1年半ぶり安値1.3110ドル、ポンドドルも1.9351ドルと2005年1月以来の高値、ドルスイスは、1.2074ドルと6月以来、マーケットは更新した。そして、ユーロ円も151円75銭と最高値を更新。
 さすがに、NYKの午後から薄商いとなった。
さて、来週から12月になります。昨年と違って、気の抜けない相場がつづきそうです。
 
今週もありがとうございました。良い週末を!!
2006-11-24-Fri-23:55

いや、すごいね。

こんばんは。忙しいところは、システムがダウンしていなでしょうかね?
116円00銭あたりは買いたいと思っていた個人も多いのでは・・。

昨日の円買いが納得できないよ。なぜ、世間は円キャリーと騒ぐけど、
後付でしょう。

アメリカの政府の事情が、中間選挙後大きく変わったことだと思っています。これから、関係国は身銭をきることになるでしょう。

為替の本来のあるべき、これからが本番。

おもしろくなりますよ。


では。
2006-11-24-Fri-02:49

ニューヨーク市場、全部休み

こんばんは。


ロンドンが入ってきて、円買いが継続。


人民元相場が切り上げ後、最高値を更新。スワップ取引の期限が今週末。そのあたりも影響しているのかも知れません。


じゃねければ、ここまで円を買う要因はないでしょう?


いくら米国の景気減速感が強まっているとは言え、またユーロが利上げ継続を打ちだしているのに、  この円高を説明する理由が見つからないなくなってしまうと思うのですがねぇ。


 ドル円:116.03


ユーロドル:1.2976


ポンドドル:1.9168


AUDドル:0.7752


ユーロ円:150.37


ポンド円:222.38


NZD円:77.78


 AUD円:89.93


CAD円:101.65


スイス円:94.86


です。一時つけたレベルです。


 少しショートカバーが入るでしょう。


もうすぐ終わりですからね。


NYK市場は、なにもやっていませんから。 では。

2006-11-23-Thu-05:29

よく動きました

おはようございます。
ドル円は、116円36銭
ユーロドルは、1.2958ドル
ポンドドルは、1.9167

ドルスイスは、1.2255ドル

AUDドルは、0.7765ドル。


中東情勢が未だ不安定、米国の経済減速感早まる。
ユーロ圏は強気。イギリスは議事録に内容で7:2と、


ドル全面安の展開。

どこまでいくのやら。
今日は、NYK市場は全部休み、日本も。

どうなるかな???

では、また。
2006-11-23-Thu-02:19

引越しました

こんばんは。始めまして、わけ合って引越しました。
これから、FXの裏側や現場での思いを書き綴っていきたいと思います。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。