FC2ブログ
--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-03-29-Sun-20:47

こんばんは。
18日のFOMC以降、米利上げ時期が6月から9月に後退するのではないかと俄かにざわめき出してきた。まだ、6月説を信じる者もいるだろう。
イエレンFRB議長は会見で、異例な時間を割き、ドル高強いては米経済の先行き不安を示唆。かなりハンドルの自由を得たのではないか。一方、日銀は思わぬ展開に苦虫。最近は目標を反故しそうな論調。実験は終わり、道筋をつける算段に入るべきではないか。責任をとる覚悟があるのかないのか。そこが肝腎だろう。

値動きの幅が徐々に狭まってきている気がする。今週から欧州も夏時間。日本時間の午後3時からロンドン勢が参入。仕掛けてくることも予想される。


ギリシャ支援プログラムに対し、ギリシャは債権者を納得させる計画書を出したのか?28日からEU.IMFが精査。期限は30日。そして、4月20日までに支援金がないと、金融機関が破綻。待った無し。中国に擦り寄るか?

一方、中東情勢。原油価格の上昇。タカをくくって価格が上昇し始めた。次から次と、市場のテーマが消化されていくと、今まで気にしなかったものに焦点があたる可能性が出てくる。また、中国主導のインフラ銀行。参加期限が迫る。判断を誤らないでほしい。

今週は年度末、四半期末、米雇用統計、イースターホリデーなどあり、スカスカのマーケットだけに、値が飛ぶかもしれない。

ご用心ください。
では、また。


どんな週末でしたか?気候を上がり、過ごしやすかったと思います。桜はやくもう満開に近い状態。そして、別れ、新たな場所へと移動。
春霞、淡くボーッと遠くが霞む。霞の中に何を見たのだろうか。あの頃…
スポンサーサイト
2015-03-09-Mon-13:00

立ち止まることも大事!

 内閣府が9日発表した2014年10-12月期国内総生産(GDP、季節調整済み)の改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0・4%増。先月発表された速報値の前期比0・6%増、年率2・2%増から0・7ポイント下方修正した。

 景気実感に近いとされる名目GDPは前期比1・0%増(速報値は1・1%増)、年率換算で3・9%増(同4・5%増)に下方修正された。

なかなか先が見えない景気回復。週刊誌では、預金封鎖の文字。追加緩和を日銀に要求か。それとも率先するか。円の価値が下がり続ける。


ところで、人口減少が止まらない日本。男女雇用機会均衡法があるが、今月から始まった来年度の就職活動。ある記事では、出来る女子が多い中、下駄を履かせて男子を採用するとのこと。その傾向があり、女子に厳し活動になるかもしれない。弱音を吐きながらでもいいから、自分を信じてほしい。

コンクリートから人へ、と謳った政権があった。災害から4年の月日が経つが、復興は遠い。評価はのち人々がするだろう。もう少し国民に寄り添ってもいいのではないだろうか。

立ち止まって、大事なこと考えてもいいのではないだろうか。

ふとそんなこと感じた。
2013-02-15-Fri-12:26

どう出るか?

15日東京市場序盤、やや円買いが優勢。ドル円は92円台後半で推移。
日経平均株価が軟調に推移していることや、週末予定されいる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議前のポジション調整や国内投資家のリパトリ(資金の本国還流)を見込んだ短期筋が仲値公示前後にショートに傾けたところに、リパトリの円買いが重なり、一時92.59円まで下落。ただ、短期筋は深追いはしないだろうとの声が出ており、ここからは底堅く推移する可能性がある。円買いの動きは限られている。

市場では、いまは不透明感が台頭する中で、もう一段、ドル/円を買い進めていいかどうか立ち止まっているとの声。

さて、いろいろとG20についてのレポートが出始めた。いいか、悪いかは別として、あたりさわりのないようにフォローしているんだろう。

日本に対して、遠回しながらも、釘を刺すか?

週明けが大事だろう。
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。