--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-11-04-Sun-14:44

今週の材料

こんにちは。
寒くなってきましたね。嵐のような先週のマーケットが過ぎ、余韻を残しているのようです。
明日も気をつけて参加したほうがいいのでは・。
今週は米国の重要な指標が少ないなか、目先10月の供給管理協会(ISM)非製造業景気指数や、9月の貿易統計が注目。
 また、金融政策の面からだと、州の政策金利発表が7日の朝、今回は事前予想では利上げの方向のようだ・、また、欧州では、イングランド銀行(英中銀)と欧州中央銀行(ECB)の金利発表。双方とも据え置きのようだが・・。
 連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長は8日、議会で証言する。
また、政治面では、パキスタンのムシャラフ大統領は3日、全土に非常事態を宣言、憲法の効力を停止した。この影響が中東まで派生しなければいいのだが・・。不安定要素がまた増えと思う。


発表日(日本時間発表指標  

4日(日) 米・加が冬時間に移行 
        
5日(月)
18:30  英 9月鉱工業生産
         9月製造業生産高 
23:00   ミシュキン米FRB理事、
         ニューヨークで講演
        「 金融の不安定性と金融政策」
0:00  米 10月ISM非製造業景気指数     
1:00  米 財務省4週間物TB入札条件
3:00   クロズナー米FRB理事が講演
         バージニア州アーリントン
        「モーゲージ貸出環境とFRB」
3:00   米財務省3カ月・6カ月物TB週間定例入札
3:30   クロズナー米FRB理事、ワシントンで講演
        「モーゲージ貸出環境とFRB」

6日(火) 
7:00  米 ABC/Wポスト消費者信頼感 4日終了週  
9:00    グリーンスパン前FRB議長が講演、東京で
19:00  EU 9月生産者物価指数
          9月小売売上高
3:00   米財務省4週間物TB入札
3:40   バーナンキ米FRB議長講演、テキサス州サンアントニオ
        「コミュニティ開発」

7日(水)
 7:30   政策金利発表
         事前予想0.25引き上げ、
         6.50%⇒6.75%へ

 9:30   住宅価格指数
20:00  独 9月鉱工業生産
21:00  米 住宅ローン申請指数~11/2日終了週 
借換え申請指数       
22:30  米 第3・四半期 労働生産性速報値    
         単位労働コスト            
22:45  ラッカー米リッチモンド地区連銀総裁、講演
        ニューヨーク
        「クレジット市場における中央銀行の役割」
 0:00  米 9月卸売在庫
0:00  米 四半期入札に関する記者会見
3:00  米 財務省10年債入札
3:00  ウォーシュ米FRB理事が講演
        (ニューヨーク
        「金融市場」
 3:10  ロックハート米アトランタ地区連銀総裁、
経済見通しについて講演、アラバマ州ハンツビル
 3:15  プール米セントルイス地区連銀総裁が講演、
「市場の回復」
       (ウィスコンシン州ミルウォーキー)
        英中銀金融政策委員会(8日まで)
 5:00  米 9月消費者信用残高 

8日(木)
 7:30   10月新規雇用者数
         10月失業率
21:00  英中銀金融政策委員会(金利発表
       5.75%据え置き予想
21:45  ECB理事会(金利発表)
       4.00%据え置き予想
22:30  トリシェECB総裁記者会見
22:30  米 新規失業保険申請件数 11/3日終了週   
 0:00  バーナンキ米FRB議長、
       上下両院経済合同委員会で経済見通しについて証言
9日(金)
22:30  米 9月貿易収支    
22:30  米 10月米輸入物価        
              輸出物価            
 0:00  米 11月ミシガン大消費者信頼感指数速報値 
1:00  米財務省3カ月・6カ月物TB週間定例入札条件
3:00  米財務省30年債入札
       米債券市場は短縮取引(4:00まで)
スポンサーサイト
2007-08-22-Wed-17:06

もう、いやぁ・・・・。

本当に日本の金融政策が悪かったのだろうか?
「ゼロ金利

でも、今回の事件の発端のアメリカも低金利政策を行ってきた・・。
そして、金融工学の発展で簡単な商品を作り、売りさばく。
また、相手先の資産を担保にして借りてレバレッジバウト(LBO)(ちょっと名前は怪しいですが)

でも、この秋から住宅ローンの金利が上昇に向うそうだ・・。
原因があるから、結果がある・・。

痛みは、これからのようだ・・・。

欧州勢の参入後、さて、またもや噂・・。
本当かどうか、わからないが・・。

先週のきっかけを作った仏BNPパリバの資産凍結から解除するのではないかとの
噂を元に売りが再開されたようだ・・。

ドルは115前半
ユーロは、155
ドルは、94円半ば
NZドル円は、80円前半へ

しかしながら、長続きせず短期筋の売りから下落・・・。
でも、押し目買いが根強いようだ・・・。


明日の日銀政策決定会合。
中国のような強気な金融政策を行ってくれれば、いいのに・・。
ふと思う・・・。

無理だろから・・・。

あぁ、この暑さでボケてきた・・。

ぎゃぁ・・・・・・・


失礼します・・。
2007-08-22-Wed-05:57

本当のところは・・?

おはようございます。
昨夜、要人発言・・。


英国の金融機関のサブプライム問題に絡んだ噂から始まり、
サプライズ好きな中国人民銀行の利上げ実施のニュース。

そして、英中銀(BOE)が、スタンディングファシリティを利用し大事なことが見えてこない、聞こえてこないようだて3億1400万ポンドの貸し出しを行ったと
発表した。同制度が利用されるのは7月17日以来。

ポンドが売り気配へ・・。

そして、思惑から、
今晩、FRBがFF金利の緊急利下げをするのでは・・・

ニューヨーク勢が来る前に仕掛けたようだ・・・。

ポールソン米財務長官の認識は、ちょっと・・?

その後は、三者会議後の「あらゆる手段を講じる」が好感され、ドル回帰へ・・。
でも、ダウはその時が高値、引けに利益確定の売りで、下落・・。
マイナスで引けた・・。


さて、今度は日本の番・利上げできるか、自民幹事長もけん制してきた・・。
ローン問題に、要人発言と耳を澄まして聞かないと

大事なことが見えてこない、聞こえてこないようだ
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。