2008-01-03-Thu-14:14

これから先・。

こんにちは。
アジア市場は朝方を除いて小幅値を回復し、小康状態に入った・。
目立つところでは、スイスフランへの逃避でしょうか。

対米ドルでは、1.12スイスフラン半ばから一時1.11半ばへ。今日になってからは
1.1180スイスフラン前後で推移。
対ポンドでは、2.2285スイスフラン付近から2.20スイスフラン後半へ急落し、
2.2160スイスフラン近辺で揉み合い。
対ユーロでは、1.65スイスフラン前半から1.6430スイスフラン近辺まで急落し、
1.6455スイスフラン近辺まで戻し、揉み合いとなっている。
対円では、98円後半から97円後半へ、一時97円半ば。そして、97円後半へで揉み合い・。

どうして、この通貨へこれだけ投資資金がシフトするのか?
金利差だけではないようです。
永世中立国のスイス・。

有事のときの避難先、など・・。


さて、悩ましい問題がマーケットを覆い始めたと思います。
原油高です。一時1バレル=100ドルをつけた・。時間外取引でも99ドル台を維持。
エネルギーコストの上昇、あらゆる場所に波紋を投げか、遂にインフレ懸念の台頭という金融当局者の頭を悩ます問題へと発展・・。


午後に入ってから、アジア各国の株価が下げ幅を縮小し、
米先物株価指数もプラス圏で推移。上昇幅を確保・。

全般に行き過ぎに警戒感もあるのか、日中の高値圏に反発している!!


安心はできないが、ひとまず胸をなでおろす・・・・。
ふぅ・・・。
時間の経過とともに模様眺めへと入ってきた。
コーヒーブレーク・・・。


さて、目先、欧州勢の出方だろう・。俄然、力が入るだろう
下値トライをするか、
上値トライをするか?


そして、3日続けてニューヨークダウが下げ続けるか、それとも買い戻しとなるか?
新たな材料を探しだして・・・・。
それに今日の米経済指標も重要・。


                                      
今日もこの辺で・・・。
どうもいかんです。鼻が詰まって・。
思うように働きません・・。
スポンサーサイト
2007-10-10-Wed-20:23

欧州勢、円売り進む!!!!

こんばんは・。
秋の日の短さは、つるべ落としですね・・。
さて、日本時間の明け方、公開されたFOMC議事録・。
内容をみると個人的にはどちらにもとれるのではないでしょうか・・。
どうなんでしょうか、しばらく静観なんでしょうか・・?
そのため、足元の経済指標、小売や消費関係、そして雇用の伸び等に注目があつまりそうだ・・。
事前からポジション調整の買い・ドル買いがムード・・・・。公開後は、一転して株価が続伸!!最高値更新、一時・・。リスク許容度改善し始めると、を売り、手元の流動性の確保のドルを買い戻していたが、手放し投資先へ行きだしたようですね・・。
一応、安堵かな・・。
そして、今日の日中は静かな動きでした・・・。
8月の出来事ももう既に過去のものとなりそうな気配・・。
今日も安を更新した通貨が出てきた!まずは、カナダ・ドル/がロイターのデータで119後半と16年ぶりの安水準。ユーロ/円も166円台と7月末以来の円安水準・。英ポンドは、ニュースソースで市場関係者の予想に一矢報いる利下げ見通しの後退の内容が流れたことや、先ほどの英財務相のややタカ派発言もあり、欧州通貨全般にリスクをとってもいいという動きになっているようだ・・。
一方、スイスフラン・。円と並び証される通貨・。一時、対ドルで約2年半ぶりとなる1.16スイスフラン付近にドル売りが
進んだが、ドル買いもどしに一時1.19ドル近辺に値を回復後、反落している模様・。
欧州通貨を中心に円売り・ドル売りが仕掛けられたようだ・・。
さて、一巡後は反落してきそうな気配だが・・・?
その後は、毎度の定期便の時間に動くのでしょうか?それとも、株価の調整で動きだすのか?
揺さぶりながら、ふり落とされないように注意かな・・。
明日は、来月の追加利上げ観測が高まる豪州の失業率の発表があり、日銀の政策金利の発表。
金曜日が山でしょうか。ニュージーランドの小売売上高の発表、住宅販売が9年強ぶり大幅な減少がある背景もあり、高金利通貨ゆえの悩みがありそうだ・。その点大事な指標となるだろう・。
そして、夜。米国の小売売上高、生産者物価、ミシガン大学消費者信頼感の速報値等が予定・。



では、この辺で今日は退散します・・。
2007-08-21-Tue-17:08

もう勘弁して・・・。

こんにちは・。

暑い日本列島!
マーケットは荒れ模様・・。
沈静化に向けシグナルを発信したが、世界中にばら撒かれた証券証書・・。

あってないような紙切れに・・。
いい格付けがつき、しかし中身はどうかと言えば、
売りたくても、売れず・・・。
買い手がつかない・・。

そのため、私たちではなじみの薄い米国の公定歩合の引き下げ。
つい連想してしまう、日本の公定歩合と・・。
でも、呼び名が同じでも趣旨が違うようです・。

FF金利5.25%の1.00%に設定されているもので、いわばにっちもさっちも行かなくなった金融機関に貸し出される金利だそうです・。借りる金融機関にとっては、ちょっと恥ずかしい行為。その金利引き下げ、30日間自由にとハードルを低くしたようです・。

この動きから米国のFF金利の年内、いや早期引き下げ観測が台頭しだようです。
何も起きなければ、今ごろ明日からの日銀政策決定会合に向け思惑・憶測がマーケット参加者の間で膨らんでいたんだろが?
後退観測の方が強いようです・・。

またもや、サブプライムローン問題

今度は英国

英国の金融機関がサブプライム問題に関連した損失を明らかにするのではないか、とのうわさが一部に流れだした・。

米国発・ECB・カナダ・スペイン・豪州、付き合いで日本、そして英国までも・。
神経質なマーケットをより神経質なものにさせているようなものではないかと思う・。

このニュースをNY勢はどう料理するか、ダウはどうなるか?

今晩は要人発言と天秤にのせて、判断かなぁ・・。
HOME NEXT