FC2ブログ
2007-08-21-Tue-17:08

もう勘弁して・・・。

こんにちは・。

暑い日本列島!
マーケットは荒れ模様・・。
沈静化に向けシグナルを発信したが、世界中にばら撒かれた証券証書・・。

あってないような紙切れに・・。
いい格付けがつき、しかし中身はどうかと言えば、
売りたくても、売れず・・・。
買い手がつかない・・。

そのため、私たちではなじみの薄い米国の公定歩合の引き下げ。
つい連想してしまう、日本の公定歩合と・・。
でも、呼び名が同じでも趣旨が違うようです・。

FF金利5.25%の1.00%に設定されているもので、いわばにっちもさっちも行かなくなった金融機関に貸し出される金利だそうです・。借りる金融機関にとっては、ちょっと恥ずかしい行為。その金利引き下げ、30日間自由にとハードルを低くしたようです・。

この動きから米国のFF金利の年内、いや早期引き下げ観測が台頭しだようです。
何も起きなければ、今ごろ明日からの日銀政策決定会合に向け思惑・憶測がマーケット参加者の間で膨らんでいたんだろが?
後退観測の方が強いようです・・。

またもや、サブプライムローン問題

今度は英国

英国の金融機関がサブプライム問題に関連した損失を明らかにするのではないか、とのうわさが一部に流れだした・。

米国発・ECB・カナダ・スペイン・豪州、付き合いで日本、そして英国までも・。
神経質なマーケットをより神経質なものにさせているようなものではないかと思う・。

このニュースをNY勢はどう料理するか、ダウはどうなるか?

今晩は要人発言と天秤にのせて、判断かなぁ・・。
2007-07-11-Wed-17:05

さて・・・・・・、今晩は?

こんにちは。
蒸し暑いですね・・。

台風4号の猛威で、日本列島にかかる前線が刺激され大雨の注意が各地にでているようです。
この週末、3連休、場所によっては荒れ模様かもしれません・。

為替市場は休まず、動いていますが・・。
残念ながら・・。


さて、米経済に不安がまし、ユーロ圏の方がなんとなく安心。
資金移動を開始したのかもしれません・。
ユーロ圏は、9月にも追加利上げとか噂が出始めてきました。
金利差を考えれば、この不安から逃避する場所として、うってつけかもしれない。

オセアニア通貨は、資本の流通で小さ過ぎ、一気にパンクしてしまう恐れがありますかね・・。


英国、ちょっとニュースの記事を見ていると不安かな・・。
住宅ローンの仕組みに不安が残るとかありましたので・。今すぐどうではないでしょうが、いずれ・・?

でも、明日正午ごろ発表される日銀の金融政策決定会合で、サプライズがあるのか?
総裁の記者会見が、どのような内容のものになるのか、非常に興味があります・。
市場関係者は、8月下旬の会合で利上げを織り込んでいるようですが・・。
決まったスケジュールを持たないと繰り返すのか、

興味津々


さて、アジア時間、朝7時ごろ薄いマーケットを狙った大量のドル売りで下げ足を早めたようですが、
その後は値をやや戻し、方向感のつかめない動きとなったようです・・。


急激な分、調整の戻しも入るかもしれませんが・・。
ニューヨーク勢の出方、ダウ、次第かもしれません。

後は、明日12日・・。
週後半になにやら東京の3連休を控えて動きそうな気配を感じますが・・。

取り越し苦労であれば、いいいのですが・・・。


では、また。

真夜中に・・・。
それまで、Zzzzzzz・・・・・
2007-07-07-Sat-14:05

07.7.2日からの週を振り返って!

07.7.2日からの週

こんにちは。
今週もありがとうございました。個人的な反省、材料を踏まえてと思ってまとめました。見解はいろいろとあるでしょうが・・・。ご容赦を・。

2日:日銀短観発表。イギリスで爆弾テロ!連鎖か米ドル売りへ


今週も始まりました。はや7月・・。
市場は、一応朝方の日銀短観に注目。発表された内容は予想よりもやや弱く、また複数の朝刊で報じられた世論調査における内閣支持率の低下も加わり、売りの材料へ。

 しかしながら、すんなりと売りとはならない。

先週末、イギリスで起きた爆弾テロから連鎖的に米国に対する不安を想起、またサブ・プライムローンとヘッジファンドに対する懸念が残っているだけに素直にいかないようだ。
また、償還玉の件も一部ではあるようだ・・。

 欧州時間に入ってようやく動きだした・。
ドル売り・。有事を連想、スイスフラン、ユーロ、豪ドル、NZDが大きく買われ始めた・。

 一段と大きく流れが変わったのは日本時間午後11時過ぎ・。米国の経済指標の結果は良好なれど、米ドルが売り込まれるはめに・。下げ止まらない・。

 ようやく、終盤になってドルで下げ渋り、ユーロドルでの伸び悩みだしポジション調整が入りだしたのか、チャートのラインは緩やかな線に。
 ニューヨークダウは大幅反発。原油も一時69ドルに下げる場面もあったが、71.09ドルで引け、金先物も659.20ドルと8.30ドルプラス。

 
3日:人民元、切り上げ後最高値。ユーロ高値更新!



日中静かな中、豪ドルが対主要通貨で下落。午前中発表された指標の結果が、予想・前回ともより悪化。明日の政策金利発表に影・。市場が移っても流れは変らず・・、売りへ・。

なんとか方向感を出したいのか、午後3時半過ぎ、欧州勢が現れると、強引な仕掛けか売り/ユーロ買い・ポンド買いに。

その結果ユーロ/はユーロ導入来安値を更新し、クロス円もつられ一時高値更新。英ポンド/米ドルは一時2.0191ドルまで上昇し、26年ぶり高値を更新。対円でも247円半ばと92年以来、15年ぶり高値圏へ。少々強引過ぎたのでしょう、すぐに下落、ドル買いが加わった。


 さて、休日を控えたNY市場。今回も日本時間午後11時照準。事前に洩れているのか住宅関連の指標の行方。ジリジリ円高、昨晩と同じ展開になりだしたが、引き返すのも早い・。どちらにしても、ここまで・・。後は揉み合いながらポジション調整へ・。

 新興市場の株価が活況を呈しているようだ。バンコク市場が10年ぶりの高値、インド株式も2日連続の最高値更新。低金利で借りられるお金がある限り、投資にまわるのではないかと思うのだが・。
 
金先物は反落して655.40ドルで引け、
原油は製油所の部門閉鎖で買い71.41ドルで小幅反発して引けた・。


4日:豪州金利据え置き6.25%。5日各国金利発表を控え、NY市場休場

ニューヨーク市場の休場もあり日中から動意に乏しい展開。小動きながら金利差を背景に円売りがジワ~~と浸透。このとことろパターンか、
午後3時ごろ欧州勢の早番が明日のECB・英国の政策金利発表を前に欧州通貨買い・ドル売りを仕掛けた模様。

ポンドは対米ドルで26年ぶり高値更新中。しかしながら、燻り続けるテロの影・。徐々に値を下げた。

 円安の流れは、ドル円をはじめクロス円に波及し続けた。

欧州市場も終盤に入り、トロント市場へ引き継がれるころ、一段の円安の場面をむかえた。

ドル円は122円50銭を越え、ユーロ円は一時167円台を、NZD円は95円95銭とあと一歩で100円という大台に。

豪ドル円も金利据え置きながら貿易収支改善と明るい材料も買い支えか、105円前半、また著しく乱高下をしているカナダ円は一時116円。
 
 そんな中、5日の夜。追加利上げが見込まれている英ポンドの様子がおかしい・・。売り気配!なぜか、ユーロが買い気配!
 明け方、英政府の警戒レベルが下げられると、値を回復しだした・・。

あとは、取引参加者の減った中、漂いだした・・・。どこへ向かうのやら・・・。


5日:予想通りBOE利上げ、ECB据え置き。カナダ強い経済指標。米国も強い経済指標


東京時間金利差を背景に円売り地合いが継続。午後に入って、欧州勢が揃いだすとこれからのイベントを前に、ドル売りを先行させた・。そんな中、ユーロ円が最高値更新。

否応に盛り上がる欧州勢。その影でロシア筋が暴れたとか・・・・。
BOEは5.75%(0.25%の追加) 利上げを実施。インフレリスクは上振れと強調。次回に含みを持たせる発言!ポンド強し・。

ECBは予定通り4.00%据え置き。期待がかかるトリシェECB総裁の記者会見へ・・。一段の追加利上げを示唆。でもね、材料出尽くし感からかポジションの傾きすぎか、徐々に売られ始めた。

また、カナダの経済指標が予想を上回る強い結果となり、買い材料になったようだ・。明日の雇用統計次第で、来週のBOCの金利発表に影響を与えそうだ・・。


そんな動きにとどめをさしたのが午後11時。米国のISM非製造業景況感指数の結果。14ヶ月ぶり高水準。一気にドル買いなだれ込むが、午前零時過ぎてから小動き・・。

午前3時を回り、金先物が下落して引け、原油は小幅上昇と71.81ドルで引けた。去年、大騒ぎだった原油。今のところ平静を装っているけど、いつ牙をむくやら・・。

終盤になって、ジリジリ円売りが浸透し、高値引けになりそうな気配へ・・。

6日:円安続く中、米ドルもなんか変・。米雇用統計改善だが・・。


今週もようやく金曜日を迎えた・。今晩の米雇用統計を控えストレート通貨は小動きを決め込んだようだ・。ただ、ドル円をはじめクロス円は長い坂道をゆっくりとのぼりだした。またか・。欧州勢の姿を散見しだすと一段の円安・。

 その後はイベントとニューヨーク勢待ち・。米国の指標の前に、カナダの指標の発表があった。今回も好結果!カナダ・ドル買いモードへ突入。

 さて、発表の時をむかえた。予想を上回り、4・5月も上方修正。一気にドル買いになだれ込んだ、と思いきや続かず対欧州通貨でドル売り戻しの展開。

えぇ!!

期待が強すぎたのか材料が出尽くし、また少し早い週末前のポジション調整的ド対ユーロや対スイスフラン、対ポンドで見られた。折からロンドン・フィキシングの時間も迫ってきた。
 

ニューヨーク時間の午後に入いるとドル売りも一巡、しかしながら円売りは静かに続けられた模様。

そんな中、NZDが対ドルで大幅な下落となりだすと、対円でも仲良くお付き合い・・。96円前半まで・・。



終盤になって、ダウも今週もプラス圏内で引けそうになりだすと、ドル円をはじめクロス円の高値圏へ円安が進行し始めた・・。

原油相場は、72.81ドルと+1.00ドル高で引け、引き続き供給不安が背景にあるようです。
金相場は、ドル安からの代替先として需要増で反発して引けた・・。


結局、円は引き続き金利差背景に売りとなり、高値圏で引け、

米ドルに対する不安材料が残った金曜日だったのではないでしょうか?

今週もありがとうございました。

よい週末を!!!



RREVHOME NEXT