2007-11-18-Sun-09:34

明日からの予定・・。

おはようございます。
朝から、せっせと資料を作っています。
今週もよろしくお願いします。

先週は、クレジットリスクの再浮上やそれに伴うリスク回避の高まりが、マーケットの主な要因となったと思われる。相変わらず為替相場、株式市場の動向に翻弄されていると思われる。
今週は、週後半から米国が感謝祭の週になることや日本の祝日があり、前半に集中するかもしれない。
19日に南アフリカで行われている国際決済銀行(BIS)・主要国中央銀行総裁会議(G10)で、中国がらみの発言や金融市場に関するコメントのよって波乱材料になるかもしれない・。

引き続き米サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)関連の損失をめぐる動きには注意が必要。
その影響で金融機関の損失拡大を警戒し、投資家は進んでリスクを取るポジションが持ちづらく、市場はドル安・円高、株安、債券高のながれのようだ・。

経済指標では、20日発表の10月米住宅着工件数などが関心をあつめ。株価の動向次第で円買い・小幅円売りか?
10月30─31日分のFOMC議事録が20日(日本時間21日の朝4時)に発表される予定。内容に注目。
最近のユーロ高に関してトリシェECB総裁の発言に注目したい・。

発表日 日本時間 国   発表指標 

19日(月)
 国際決済銀行(BIS)
 主要国中央銀行総裁会議(G10)最終日
  
 9:01  英国   11月ライトムーブ住宅価格
14:00  日本   全国百貨店売上高
19:30 トリシェECB総裁が終了後に記者会見
             (ケープタウン)
22:30  カナダ   9月卸売売上高
 4:00  米国   11月住NAHB住宅市場指数


20日(火)
16:00  ドイツ   10月生産者物価指数
16:15  スイス    10月貿易収支
19:00  EU     9月建設支出
21:00  カナダ   10月消費者物価指数
               コア
 
22:30  米国   10月住宅着工件数 
            10月建設許可件数  
 4:00  米国    FOMC議事録発表
            10月30─31日分
            グリーンスパン前FRB議長、
            リーダーシップに関するイベント
               講演(トロント)
 7:00  米国   18日終了週ABC/消費者信頼感


21日(水) 
 8:30  豪州   9月Westpac先行指数
 8:50  日本   9月全産業活動指数
21:00  米国   16日終了週の住宅ローン申請指数  
22:30  カナダ   9月小売売上高
              コア
       トリシェECB総裁が講演(時間未定、パリ)

    * 米債券市場は短縮取引
22:30  米国   17日終週新規失業保険申請件数 
 0:00  米国   10月景気先行指数総合指数 
 0:00  米国   11月ミシガン大消費者信頼感指数
              確報値  
                          
22日(木)
16:00  ドイツ   第3四半期GDP
            第3四半期個人消費など
17:15  スイス    第3四半期雇用水準
                 失業水準
18:00  EU    経常収支
18:30  英国   3Q総合事業投資
19:00  EU    9月鉱工業新規受注

    *感謝祭で米市場休場・政府機関閉庁

23日(金)
      日本 祝日
17:15       トリシェECB総裁、
      欧州銀行関係会合のパネルディスカションに参加
18:00  ドイツ   IFO景気動向
              現況評価値
              予想値
18:30  英国   GDP
            個人消費
            輸出・輸入

    * 米債券市場は短縮取引
スポンサーサイト
2007-11-15-Thu-16:58

浮き沈みは世の常か・・。

こんばんは。
ようやく木曜日ですね・・・。
今年の後半から日々、サブプライムに関する話題に振り回され続けています。
ちょっと飽き飽きでしょうか?
それに過敏に反応しているのが、NYダウ。その値動きが為替へと、相性がいいように連動している。そして、その流れが翌日のアジア圏の株価に影響を受け、かつ為替相場にも影響。そんな展開になっているようです・・。

昨日は、アジア圏の株価が堅調に推移、欧州株も比較的堅調な動きをみせるとリスク許容度が改善。なんと昨日は、ブラジル金融市場まで触手の伸び、大幅な上昇となった。

びっくり!!
以前、この国の状況を知っているものには、えぇ!!!!
一喜一憂か、米国の景気減速に対する懸念が後退とかやらで・・・。
株式が急伸。またレアルの対ドル相場も大幅高へ。
ドル=1.734レアルとなり、2000年3月以来の高値近辺。

さて、今日も往来相場のような動き・・。
午後に入ってから、あいも変らず金融機関の損失拡大を想起させる噂、日本株がマイナス圏に反落となり下げ幅拡大しだすと、リスク回避の動きが強まりだしたようだ・・。
一方、それは改善に向うニュースとしていい材料と判断する向きもあるようだ・・。

アジア圏の株価は下げ幅が拡大している模様・。
噂が本当になった、英バークレイズ銀行がサブプライム関連で評価損を計上した。

市場は、金融機関の透明性が高まると判断したのか、円売り地合いに転じているようだ・・・。しかしながら、今日から新しい会計基準が始まる米国、先々含み損が話題になりそうだ・・。
 GOODかBAD
Everyday, I listen to my heart. ひとりじゃない・・・。歌詞の一小節・・。

さて、日本時間午後6時半にイギリスの小売売上高、インフレ目標を導入している。昨晩の報告書との整合性は、いかに?そのあとユーロ圏の消費者物価指数、午後10時半米国の消費者物価指数、NY連銀製造業景況感、失業保険関係などが予定。あと要人発言に注意かと思いますが・・・・・・。
 今夜もポンドが主役か・・・・、
では、この辺で退散します・・。



2007-11-11-Sun-07:34

今週の予定・・

今週の外国為替市場は、いかに?
いよいよ米財務会計基準審議会による強制時価評価の開始に伴い、米金融機関へのサブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅融資)の影響が大きくクローズアップへか?数字如何で、株価の影響は必死!
 さらに、先週からリスク回避の動きが堅調なだけに、損失計 上の規模が膨らめば、ドル売りがさらに加速するとみられる。一方、日銀の金融政策決定会合では金利据え置きが予想されており、外為市場への影響は限定的となる見通し。
 15日は、米財務会計基準審議会による強制時価評価が始まるとのこと・。14日には、10月米小売売上高、15日には、11月フィラデルフィア連銀景況指数、10月米消費者物価指数(CPI)等の重要指標が予定さているが、数字にも限界かもしれない。ドル支援は厳しいとの見方が優勢のようだ・・。
 対照的にユーロへのシフトも考えられるが、個人的には懐疑的だ・・。
に関して、米株価の上昇がキャリー取引再開の思惑から安材料として構図が出来ているようだが、やはり対欧州・資源国通貨が中心になるだろう・・。
 、内閣府が13日に発表する7─9月期の実質国内総生産(GDP)は、1%台後半とみられる潜在成長率並みとなる見通し。市場では注目はされいるが、政策金利に反映するには時間がかかるとの見方のようだ・・。

 日銀は12、13日に金融政策決定会合で政策金利を据え置く見通しのようだ、市場の関心が違うところにあるだけに難しい・・。


発表日  日本時間   発表指標                
12日 
 8:50  日本   9月国際収支ー経常収支
 9:30  豪州   RBA四半期金融政策報告
18:30  英国   10月生産者物価指数
               コア指数
            ユーロ圏財務相会合
     米国   退役軍人の日で債券市場が休場
             
13日
 8:50  日本   3Q-GDP速報値
            3Q-GDPデフレーター
       日本   日銀政策金利発表
            EU財務相会合
18:30  英国   10月消費者物価価格指数
            10月小売物価指数
               コア
19:00  ドイツ  ZEW景況感調査
       EU   ZEW景況感調査
             9月鉱工業生産
21:45       10日終了週チェーンストア売上高
22:55       レッドブック小売店売上高 
 3:15       クロズナー米FRB理事が
            新BIS規制について講演
 4:00       10月米財政収支
 5:00       9月米住宅販売保留指数          
 7:00       ABC/Wポスト米消費者信頼感、

14日
 6:45  NZ   3Q-生産者物価格
16:00  ドイツ  3Q-GDP 速報値
18:00       フィッシャー米ダラス地区連銀
            総裁、米・世界経済について講演
            (シドニー)
18:00  南ア   実質小売売上高/9月
18:30  英国   10月の失業率
19:00  EU   3Q-GDP速報値
20:10  EU   トリシェECB総裁が
            シンポジウムで講演
21:00  米国    9日終了週の住宅ローン申請指数      
22:30  米国   10月米小売売上高
               コア    
            10月米卸売物価指数
               コア指数
22:30  カナダ  10月景気先行指標指数
23:10       バーナンキ米FRB議長が講演              「21世紀の金融措置」
 0:00       9月米企業在庫  

15日
 6:45  NZ    9月小売売上高・コア
22:30  米国   10月米消費者物価指数(CPI)  
               コア指数(前月比)  
               コア指数(前年比)
            10月米実質所得 
            11月NY州製造業業況指数
22:30  米国   10日終了週新規失業保険申請件数 
23:45  米国   米シカゴ地区連銀主催の会合で
            エバンズ総裁があいさつ 
 2:00  米国   11月米フィラデルフィア地区連銀業             況指数
 3:30  米国   ホーニグ米カンザスシティー地区
            連銀総裁、
             経済見通しについて講演

16日
 7:30  米国   米シカゴ地区連銀主催の会合
            エバンズ総裁があいさつ
22:45       クロズナー米FRB理事
            経済見通しについて講演
23:00  米国    9月対米証券投資
23:15  米国   10月米鉱工業生産       
               設備稼働率      
 0:00  米国  ロックハート米アトランタ地区連銀
       総裁、南東部経済について講演モントリオール

17日20カ国財務相・中央銀行総裁会議(G20)
(18日まで)
18日 国際決済銀行(BIS)10カ国中央銀行総裁会議             (19日まで)
    20カ国財務相・中央銀行総裁会議(G20)
(最終日)
HOME NEXT