--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-04-21-Sat-03:15

4/16の週の材料

07.4.16週の材料


16日:G7明けの月曜日、怖いもの見たさの強い日。



G7明け、サプライズなし。といよりも週末の結果が分かってしまった。そのなればユーロ/を中心に安進行するしかないじゃん。一時16243銭史上最高値。また、豪ドル、NZDも対で同様に。

 しかしまたしても、中国絡みのうわさ。人民元の切り上げとか・・・・・?所詮、うわさはうわさで、ポジショントークだったのではないかと思われる。ゆっくりではあるが着実に人民元高を実現している。まぁ、大きなトレンドは安なんでしょうね。欧州時間は小動き、 
 ニューヨークに入ってお昼ごろにかけて一段と安にトライ。でも、その後は下落し小康状態に入りつつあるようだ。終盤に入り、やや円買いもどしが入っているかのような動き。下落基調。

金相場は一時売り気配で下げたが、
694.50ドル(プラス4.60)と反発で引け。


17日:イギリス、ユーロ圏、米国の経済指標で見通し分かれた日。


東京時間、利益確定と思われる売りのドル円を始めクロス円で下落基調。欧州勢の早番が見えてきたころから下げ幅拡大。

 すべては日本時間午後5時半からの欧州の経済指標と発言から始まった。まずは英ポンド。CPI・小売等の結果が強い材料となる。それで早期利上げ観測台頭で、対ドルで2.0000ドル台に急騰。対円も239円半ばへ。
 ユーロ圏・ドイツのZEWの結果も数ヶ月ぶりの高い水準。6月の利上げ予想が早まる可能性が出てきた。そして米国。住宅関連は一時騒がれたサブプライム関係を払拭できそうな数字か?でもCPIのコア、前月比・前年比とも弱い。

 すなわち米ドル売りに拍車が大いにかかる。このとき豪ドル円は100円03銭、ユーロドルは1.3595ドル、ポンドドルは2.0075ドルと何十年ぶりの高値を更新した通貨がでてきた。
 ところが真夜中、ストーンと円高へ。ドル円が先行したようだ。大量の売りが出てストップ狙い?その後はどうも毎度のお決まりのコースへ。


18日:米ドル離れ進み、アジア通貨買いに走る!?



 福井日銀総裁は前日、衆院財務金融委員会における半期報告で「現在日本は苦しい状況からようやく脱却したばかり」だとして、「金融政策も望ましい姿に整えていくプロセスにある」などと述べた。
 このこともあるのか、日銀利上げが5月にも追加利上げに動くとのうわさが流れ、また27日日銀の展望レポートも視野に入ってきたのかもしれない。

 とは言え、それは夕方からでした。まず午後7時ごろユーロ/ドルが2004年12月以来、約2年4カ月ぶりのユーロ高/ドル安の1.3617ドルを達成。ポンド/ドルが26年ぶりに高値
2.0133ドルをつけた。

 しかしNY勢の早出にもろくも崩され、円買い・ドル買い。経済指標がない分、うわさが先行して、積み上がった円売りのポジション(建て玉)を潰しにきたのかもしれない。
 だって、対ドルの動きは思ったほどではないから・・・。米ドルのヘッジで商品相場が活況のようだ。それでか、ランド円も買い気配が続く?


19日:ネタは人民元がらみ!わぉ・・・・。

 前日のNY市場の終わり近くの動きを見ていると、ドル円をはじめクロス円での再チャレンジの高値かと思ったが、この間のG7をキャンセルしたお返しか、大きく円高へ。
 中国の経済指標の如何が影響を与えるとは、少々びっくり。ドル円が117円61銭、ユーロ円が159円61銭、ポンド円に至っては、235円27銭付近まで急落。バンジージャンプのように根っこが残っていそうなマーケット。うわべだけ・・。

 懸念されたダウは、力強い動きでびくとも今のところしない・・・!マーケットは上昇が一段落すると揉み合い、模様眺めの傾向へ。やれやれと言ったところでしょうかね。


20日:ややネタ切れ!!!

 前日ニューヨークダウは、一連の株安の懸念を払拭する勢いを見せた。その影響か為替相場は朝方早い時間に一時円高になったが、週末や5・10日の仲値需要に買い支えられ、また日本を始めアジア圏の株式市場の混乱も収まりだしたのも材料視され円安に動きだしたようだ。

 ドル円は依然としてボックス・レンジ相場の範疇のようだが、豪ドル円やNZD円を始めクロス円は、早々と復活。高値更新の期待が膨らんできたのではないかと思う。

 ポールソン米財務長官、確か中国とは太いパイプがあったはず。今日の講演内容は語気が強まっているように思う。今月WTO提訴の影響は計り知れないシコリかもしれない・・。

それに翻ろうされそうな日本円かも・・・。

記者会見を機に気持ち10ポイントぐらい円高になったが、それ以上でもそれ以下でもない。焦点はNYダウの方に関心が集まっているようだ。昨日世界的な下げから見事な回復。日本だけ弱いけど・・。

 さて、来週の予定を見ると豪ドルとNZが熱そうだ。ニューヨーク時間でも買い気配だ。

 では、ポジション調整の動きもあまり見られないまま引けそうなのでこの辺で退散します。


 今週もありがとうございました。
良い週末を・・。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。