--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-24-Wed-22:35

ダウ下落・。

こんばんは・・。
日中のことはすでにご存知だとう思いますので、省きます・・。
やれやれ・・。いつのまにかパソコンの前にかじりつきかも・・。
どれが本業だかわからなくなりそうだ・・・。
中庸がいいですがね・・・。
欧州時間に入ってからもパッとせず、行ったり来たり・・・。
どうしましょうか、思案中・・。肩に力が入るがそこから先がイメージできない。
前々から話題に上っていたトルコ・イラクの衝突も飛び出すが、すぐに原油買いには結びつかず、のらりくらり・・・。
そして、どうもこの時間が好きなようだ、日本時間午後8時。今日も小幅高へ動いた・。
だけど、それだけ・。それよりも気が気でないメリルの第3四半期の決算発表がいつされるか?
午後8時半ごろ、出た、出た・・・!!!悪い、予想よりも悪い・・・。7-9月期の結果は2001年以来の赤字79億ドルの評価損。
乱高下するが、でもマーケットへの反応は既に織り込み済みですか!?時間が経つにつれ振幅が狭まっていき、揉み合いへ。
決定打がないのだろうか・。どうも、短時間に終わってしまい、後はニューヨークダウを見ながら動きになるのだろうか?
午後10時近くになってから、ようやくユーロが動きだした。1.4250ドルを超えてきた。ユーロもようやく163前半へ。激しい応酬を繰り返しながら、米株価に対する不安は残るが悪い材料が出尽くしたのかもしれない・・・。油断はできないが・・・。
それにしても、方向が決まってほしい・・。
もぅ・・。
さて、明日、日本時間午前11時に中国の経済指標の発表がたくさん予定されている。話題の中心の中国。今日の基準値の設定を見る限り、積極的に人民元高を容認しだしたようだが、今すぐにどうこうなるものでもないだろうが、姿勢が大事なのかもしれない・・。
しかし明日は連発!こんなに重なるかな・?第3・四半期中国GDP、9月のCPI、PPI、鉱工業生産、小売売上高、固定資産投資(国家統計局)、以上・。多いようね・。数字次第ではG7で議題に上っただけに、対応を迫られる可能性が高いが個人的な偏りは避けたい・。

あとひとつ、明日の朝日本時間午前5時、ニュージーランドの政策金利の発表が予定されている。
8.25%の据え置き予想。念のため、お忘れなきように・・。

今日はこの辺で
スポンサーサイト
2007-10-24-Wed-12:02

豪州期待高まる・・。

おはようございます。

朝方の冷え込みが日に日に増し、ふと布団が恋しくなりだしまた。

昨夜は、普段聞かないフランス財務相が人民元がらみの発言をし、一時円買い模様・・。

その後は、中国株・インド株等新興市場の爆発的な上昇を足がかりに、欧州株・米先物株価なるものも上昇へ・・。

投資へ意欲をかきたてたようだ・。

米企業の決算が続く。今夜も概ね良好のよだが、アマゾンがいまひとつピリッとしないようだ・・。

気になるところだ・・。
ハイテク関連が米国株に淡いスクリーンをかけているようだが、住宅関連の業績悪化をいつまでその色で隠しとおせるか、疑問だ・。一説によれば、内需型の収益構造ではないとか・・。

さて、今夜はメリル。

一週間待った・。

一方、昨日の動きの中で、オセアニア通貨がどちらかと言うと伸び悩みだったようだが、本日、午前10時30分。豪州の第3四半期―消費者物価指数とよくわからないRBA-CPIトリム平均ならびに加重中央値の発表があった。

消費者物価は結果は予想、前回を下回る結果、失望売りかと思ったら、なにやら上記のRBA-CPIの強い数字を受け、利上げ期待感が強まったと・・。

まぁ・、不思議・・。

なんでもかんでもかいなぁ・・。

明日、日本時間午前5時、ニュージーランドの政策金利の発表が控えている・。

北半球だけではないぞ!

こっちも見て!!


20071024120117.jpg

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。