2007-11-06-Tue-12:39

内容次第・・・。

こんにちは・。
体調は万全ですか?私はボロボロです・。シップだらけ・・。
臭い・・。

さて、ニューヨークダウ。この30種の構成企業はハイテク関連が多い・。
株価自体、6ヵ月先の先行指標とも言われている。
それぞれの国によって株式に組み入れる企業が違うようだ・。
国のカラーだ・・。

だから、欧州株が下落し、米先物株価指数も下落と言っても実際にNYダウが始まってみないと
わらかない・・。

事前の材料となるだろうが・・。
最近の動向を見ているとそう感じる・・。


クロス円の相場がだいぶおもしろい・・。
相場だから乱高下はつきもの。でも、対円で駄目なら、ヘッジしとてストレートで対応といろいろ思考をめぐらすチャンスがあるのではないかと思う・・・。

午後から、本格的に中国インド株が始まる。注意が必要だろう・・。

では、また・・。
スポンサーサイト
2007-07-20-Fri-01:36

揉み合い、調整、FOMC議事録待ち?

こんばんは。

予想された結果か、FRB議長の証言も昨日の内容とほぼ変りはないようです。

それより、急激に進んだ欧州通貨やオセアニア通貨でのドル売り。
ここに来て調整色の濃い展開のようです。


消去法で、ユーロへ資移動が夕方、欧州参戦で色濃くなったようです。
また、一部ネットでのマンハッタンの爆発の映像を見るとなおさらかもしれませんね・。

噂は、どこらかきて、どこかへ、消えていく・・。



第2四半期の業績発表が続くニューヨーク株式市場。今日はいい業績発表が出ているようで、
一時また、1万4000ドル台にのせたようです・。


ここまでの米経済指標は、思ったほどいい結果ではないようですが、ドルが大きく売り込まれる場面はないようです・。


あとは、FOMC議事録を待つばかりか?
でも、議長が証言した内容に近いようなきがしています。

原油は75ドルをはさんで揉み合い。先物相場は674.00ドルをはさんでこちらも揉み合い。






PS:最近、目にした記事より。
ブルドックソースのTOBから始まり、日本の投信信託は期間が比較的短いと、せいぜい1~2ヶ月。でも、仕掛けてきた外資はもうすでに5年も保有・。

日本のGDPは、15年前、No1でしたが、今は世界20位。
そして、製品関係の企業はそこそこ、でも食品等は伸び悩み。もっとオープンにしないと買い手がつかいない国。また対米ドルでこんなに安い国は、アフリカのジンバウエの通貨と同様だと。
そひて、こぞってインドやニュージーランド等の高利の通貨へ投資。

イギリスで最低賃を換算する、1300円だそうです。払わないとその企業は罰・。


いろいろと目を向けると、円安もいかがなものかと思ってきました。
国の活力がどんどんそぎ落とされていくのような気がします・。

などと暗い気持ちなった日でした・・。

くれぐれも個人的な考えで、ものの見方ですので、最終的な判断はご自身で・。
2007-07-13-Fri-05:21

ダウだけ・・。でも・・・。

おはようございます。
為替の方、静かだったと思います。

だって、ニューヨーク株式市場が空前の上げを記録した・・。
さて、昨日一日を振り返ってみてみると・。

意識して動けない東京時間

政策金利が発表され、中身に失望の円売りが一時殺到・。
その後はジリジリ値を下げだした。

福井総裁の発言をタカ派と感じたのか、ちょうど欧州勢の参入と時を同じくし、円買いに動いたが続かず、金利差を背景か売り戻され始めた。
 

また、米ドル売りも強まりだし、特に最近ユーロ圏の強気発言もありユーロが先行。そして欧州通貨と続いた・。

もちろんオセアニア通貨は意気揚々・。

 NY時間に入ってから、一連の米経済指標をこなしながら株式へと注目の度合いが増した。

なんとダウをはじめ他の指数も大幅な上げ幅をしだすと、円売り・円安の流れは加速した・。

 今日もあるのか引け際のマジック!ユーロ円が最高値を更新・。

ダウをはじめニューヨーク株式市場、記録的な上昇を見せた・・。

今までのような円売りの材料になっていないような気がするのは、私だけでしょうか・・?


原油は一時11ヶ月ぶり73ドルをつけたが、下落、72.50ドルで引け、
金相場は、ユーロ高もあり反発して668.30ドルで引けた・。


なんだかなぁ・・・。


HOME NEXT