FC2ブログ
2008-01-11-Fri-06:26

翻ろうされて、次のテーマは・。

おはようございます。

荒れた!
対円相場は、乱高下!!

対ドル相場は、ドル全面安へ!!


欧州株は2日続けて続落して引けた。
英ノーザン・ロックの身売りもいまひとつ上手く行かず。
市場参加者の意図を交わした英中銀の政策金利発表。
しかしそのあとのマーケットは、次回の利下げを催促するかのような主要通貨でのポンド売りを浴びせている。
ECBも見送り。舵取りが非常に難しいと思う・。
しきりにトリシェ総裁はインフレリスクを口にするが、どうなんでしょうか・・。


そしてむかえたニューヨーク市場。
よくわからない動きだ・。
再三書いているが、ドル売り先行後一服。
その後、一時円売りが強まるが反落・。
推測の範囲だが、5・10日に絡んだNY東部時間午前10時にあわせた
オプションの権利行使時間だったか・・。
その後は、小幅反落・。
揉み合い・。
原油は一時2ドル近い下げ。


日本時間午前2時15分過ぎ、バーナンキFRB議長のコメント・。
情報配信のモニターに飛び込んできた・。
飛びついた。
誰もが・・・・。

株価すべて、プラス圏へ反発!!ダウは一時プラス120ドル超・・・。
その後乱高下を繰り返し、
米バンク・オブ・アメリカが、カントリーワイド買収へ交渉の報道が終盤に流れる。影響か、引け間際になって再び大幅な上昇に転じる。
だが、内容を吟味・。

手放しで喜べないと思うのだが・・・。
一時、反落・。

ドル全面安となる。


12月の米ICSCチェーンストア売上高、前年比は、前回3.5%に対して0.9%と落ち込んでいる。
また、先に発表された米失業保険申請件数は、季節調整前だと増加。
しばらく様子をみないと判断できないが、徐々に悪い方へ歩みを進めているようだ。
来週、CPIや小売売上、住宅関連の重要な経済指標の発表が控えている・・。


さぁ、今月末のFOMCに向って走り出した。
0.50%かさらに0.75%もありか?
今日のFRB議長の発言を手がかりに・・・。
毎回、市場との対話できっかけを作っているだけに今日も重みも感じているだろう。就任以来、なんどとなくひどい目にあっているだけに。




ドル下落に金先物は連日の高値更新、今日も一時897.30ドルを付けた。引けは、893.60ドル。
原油は続落し、93.71ドルで引けた。



さて、今日は・・?


無題
2008-01-03-Thu-14:14

これから先・。

こんにちは。
アジア市場は朝方を除いて小幅値を回復し、小康状態に入った・。
目立つところでは、スイスフランへの逃避でしょうか。

対米ドルでは、1.12スイスフラン半ばから一時1.11半ばへ。今日になってからは
1.1180スイスフラン前後で推移。
対ポンドでは、2.2285スイスフラン付近から2.20スイスフラン後半へ急落し、
2.2160スイスフラン近辺で揉み合い。
対ユーロでは、1.65スイスフラン前半から1.6430スイスフラン近辺まで急落し、
1.6455スイスフラン近辺まで戻し、揉み合いとなっている。
対円では、98円後半から97円後半へ、一時97円半ば。そして、97円後半へで揉み合い・。

どうして、この通貨へこれだけ投資資金がシフトするのか?
金利差だけではないようです。
永世中立国のスイス・。

有事のときの避難先、など・・。


さて、悩ましい問題がマーケットを覆い始めたと思います。
原油高です。一時1バレル=100ドルをつけた・。時間外取引でも99ドル台を維持。
エネルギーコストの上昇、あらゆる場所に波紋を投げか、遂にインフレ懸念の台頭という金融当局者の頭を悩ます問題へと発展・・。


午後に入ってから、アジア各国の株価が下げ幅を縮小し、
米先物株価指数もプラス圏で推移。上昇幅を確保・。

全般に行き過ぎに警戒感もあるのか、日中の高値圏に反発している!!


安心はできないが、ひとまず胸をなでおろす・・・・。
ふぅ・・・。
時間の経過とともに模様眺めへと入ってきた。
コーヒーブレーク・・・。


さて、目先、欧州勢の出方だろう・。俄然、力が入るだろう
下値トライをするか、
上値トライをするか?


そして、3日続けてニューヨークダウが下げ続けるか、それとも買い戻しとなるか?
新たな材料を探しだして・・・・。
それに今日の米経済指標も重要・。


                                      
今日もこの辺で・・・。
どうもいかんです。鼻が詰まって・。
思うように働きません・・。
2008-01-01-Tue-09:28

午前零時、下落・・。そして12月のデータ

あけましておめでとうございます。
昨夜、除夜の鐘がシーンと静まり返った空気の中を流れる頃、
ドルの買戻しが始まっていたようだ・・。

ドル円は111円40銭近辺まで下落・・。
参加者も稀の中、チャートの気配値しかわからない・・。

明日以降にならないとわかないが、慌てることもないのかもしれない・・。


下記、画像は2007年12月の主な世界各国の株価終値、NY原油先物の終値、NY先物の終値、人民元の基準値、終値、対円・対ユーロ相場の終値です。
0712kabu.jpg
0712kabu2.jpg
0712gen.jpg

RREVHOME NEXT