2008-01-29-Tue-04:05

ゆっくりと忍び寄る・・。

おはようございます。
ニューヨーク中盤から、小動き、様子見が強まりだした。


依然、マーケットには米国と世界経済に対する懸念が残っている模様。
その辺が背景か、欧州の国債市場は上昇。
ひとまず安全な投資先として国債の買いにつながっている。


日本時間午前4時に向って時計の針が刻一刻、時を刻む中、米国がこの日の上昇幅を拡大し、高値圏で推移しだした。
小動きの中、対円相場は徐々に水準を切り上げだした。


先週に比べれば、静かだ・・。



でも、鈍い・・。
あとは日本時間29日の午前11時からの一般教書演説を受けて、午後から欧州勢などの動向次第か・・。





さて、暗い話題ばかりだ。
石炭の価格が高騰していると・・。
なんでも、豪州の洪水と中国の暴風雪の影響で石炭の供給が止まりそうだと・・。
発電用の石炭が高騰し、アジア向けの価格は過去最高値を更新!!
欧州向けも上昇!

供給にも自ずと限界がある・。
暫し、私達の生活は厳しいそうだ・・。


目の前の事象に囚われてしまい、
大事なことは、見えてこないようだ・・。



スポンサーサイト
2007-11-24-Sat-06:21

とりあえずか・・?

おはようございます・。
一抹の不安を残しながら、ドルは2年半ぶりの安値から値を戻し10830-40銭近辺で今週の取引を終えようとしている・。
波乱の23日がおわろうとしている・・。
ECB当局者の相次ぐ発言を受け、投資先としてユーロ圏も万全ではないぞと!
市場は日本経済をちゃんと評価しろと!
薄い市場を右往左往・・・。
アジア欧州、NY式と堅調に推移・・。
ニューヨークの午後は、いいように暴れた市場を右手に、感謝祭の余韻に浸っていたのか、
それともやる気が失せたのか、静かな時間と値動きを刻んでいる・・。
レールは決まった・・。
発言・タイミングか?

では、朝から失礼しました・。
下記チャートは、ドルとユーロドルドルスイスとドルカナダの5分足です。
07.11.24a.jpg

07.11.24aa.jpg

2007-11-17-Sat-15:03

今週を振り返って(07.11.12~16)

おはようございます。
11月半ば。月日の経つのは早いものですね・・。
今週もありがとうございました。相変わらず長文になってしまいました。
ご興味のある方は、どうぞ・・。
あくまでも個人的な見解ですので・・。


12日(月)、
晴れ模様・。個人的にはシフトの変りで、緊張しすぎて寝付かれずかなり寝不足・・、
非常に目覚まし時計が気になった朝・・・。

 前週末のニューヨークダウの急落や中国の追加利上げが実施。この週末の報道から市場参加者は方針を決めたのか、かなり大きな窓を開けて始まってしまった。
危うい・・。
案の定と言っていいのか・・。
日本の下落やアジア各国のかの急落・・。下げ幅は、今年2月末の下落を彷彿させる・・。嫌なことだが・・・・。

ドルを始めクロスは、買い一色へ・・・。

また、豪州中銀の四半期金融政策で明確な意思表示がないと受け取られ、豪ドルは主要通貨で弱含みとなった・・。対ドルでは、0.9075-85ドル近辺から0.8770-80ドルへ、対では100半ばから95後半へ、対NZドルでは1.19NZドル前半から1.17NZドル後半へ一晩かけて急落・。
HOME NEXT