--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-03-Thu-14:14

これから先・。

こんにちは。
アジア市場は朝方を除いて小幅値を回復し、小康状態に入った・。
目立つところでは、スイスフランへの逃避でしょうか。

対米ドルでは、1.12スイスフラン半ばから一時1.11半ばへ。今日になってからは
1.1180スイスフラン前後で推移。
対ポンドでは、2.2285スイスフラン付近から2.20スイスフラン後半へ急落し、
2.2160スイスフラン近辺で揉み合い。
対ユーロでは、1.65スイスフラン前半から1.6430スイスフラン近辺まで急落し、
1.6455スイスフラン近辺まで戻し、揉み合いとなっている。
対円では、98円後半から97円後半へ、一時97円半ば。そして、97円後半へで揉み合い・。

どうして、この通貨へこれだけ投資資金がシフトするのか?
金利差だけではないようです。
永世中立国のスイス・。

有事のときの避難先、など・・。


さて、悩ましい問題がマーケットを覆い始めたと思います。
原油高です。一時1バレル=100ドルをつけた・。時間外取引でも99ドル台を維持。
エネルギーコストの上昇、あらゆる場所に波紋を投げか、遂にインフレ懸念の台頭という金融当局者の頭を悩ます問題へと発展・・。


午後に入ってから、アジア各国の株価が下げ幅を縮小し、
米先物株価指数もプラス圏で推移。上昇幅を確保・。

全般に行き過ぎに警戒感もあるのか、日中の高値圏に反発している!!


安心はできないが、ひとまず胸をなでおろす・・・・。
ふぅ・・・。
時間の経過とともに模様眺めへと入ってきた。
コーヒーブレーク・・・。


さて、目先、欧州勢の出方だろう・。俄然、力が入るだろう
下値トライをするか、
上値トライをするか?


そして、3日続けてニューヨークダウが下げ続けるか、それとも買い戻しとなるか?
新たな材料を探しだして・・・・。
それに今日の米経済指標も重要・。


                                      
今日もこの辺で・・・。
どうもいかんです。鼻が詰まって・。
思うように働きません・・。
スポンサーサイト
2007-12-20-Thu-16:33

閑散

こんにちは。
長い模様眺め・・。
溜め息ばかり、はぁ・・、はぁ・・。
閑散としています。

市場の期待通り、日銀は金利を0.50%据置きを決定した。
全員一致、しばらく円売りを続けられるとの観測が台頭か・・。
しかし、お隣の国の動きには注意が必要だろうと思う。


海外の関心は、投信設定にからむ外貨買い・円売り・。

しかしながら、サプライズがない限り動きそうにもないようだ・・・。
方向感がない動きがつづく・・・・。
相変わらずポンド軟調地合いのようだ・・。
ドルのポジション調整が続いているようだ・。


そろそろ欧州が登場・。
米先物株価指数も反落。日本株価も午後に入ってから乱高下を繰り返し、ほんの気持ちだけプラスで終わった・。
目先、イギリスの経済指標から始まる。
そして、米国の経済指標に移り、ベア・スターンズ社の決算発表へと注目されるだろう。
世界中の政府系のお金が投入されていく・。
表の顔と裏の顔が違う・。
実権をそのうち握られてしまうかもしらない・。


さて、カナダの政策金利。すでに来年1月時点、利下げ観測が静かに水面下でアナリストやエコノミストの間で囁かれはじめているようだ・。頭の隅にとどめておいてもいいのでは・・。

そんな情報を見つけると、明日のカナダのGDP、小売売上高等の経済指標の発表が予定されている。かなり重要だろうと思う・。




福井日銀総裁の記者会見も目新しさはないようだ。
慎重にならずおえない・。



静かにポンドが売られている・・・。


2007-12-09-Sun-06:33

さて、話題の週

おはようございます・。
いよいよですね・。

さて、今週は・・。
なんと言っても、日本時間12月12日午前4時15分発表米国の政策金利発表が鍵だ。通称:FOMC
すでに市場参加者の中では利下げ幅が、0.25%と織り込み済み・。
それよりも、0.50%になるか、どうか?
なれば、サプライズのドルの買い戻し・・。
なくてもドル買戻しか?

また、FOMCでの声明文も注目・。
来年以降の政策見通しの材料になるだろう・。

ニューヨーク株価がこの結果を受けて、どのような反応をみせるか。
引き続きダウ等の引けに近い時間帯でもあり、気をつけた方がいいだろう・・。


また、12~13日に北京で開催される中国との戦略経済対話。
人民元がらみで思惑・噂で、一時円買い戻しが入るやもしれず??

いずれにしても、今週最後の山になろう。重要な経済指標も目白押しでもある・。

あとは、クリスマスから来年1月にかけ、米系金融機関の決算発表が待っている・引き続きサブ・プライムに関した損失額がどのようになっているかだろうか?

今週もよろしくお願いします。
下記は主な予定・・。
発表日   日本時間   発表指標           

10日(月)
 8:50   日本  10月機械受注
16:00   ドイツ   10月貿易収支
18:30   英国   11月生産者物価指数
             10月DCLG住宅価格
 0:00  米国   10月住宅販売保留指数   
 
     
11日(火)
 9:30  豪州   11月NAB企業信頼感指数
14:00  日本   11月消費者態度指数
18:00  南ア   第3四半期-経常収支
19:00  ドイツ   12月ZEW景況感調査
 0:00  米国   10月卸売在庫
4:15  米国   FOMC政策金利発表
             事前予想:0.25%引き下げ
                 4.25%


12日(水)
 8:50  日本  11月国内企業物価指数
           10月国際収支-経常収支
18:30  英国  11月失業率
19:00  スイス   ZEW景況感調査
19:00  EU  10月鉱工業生産
22:30  カナダ   10月国際商品貿易
22:30  米国   11月輸出物価  
              輸入物価
           10月貿易収支
 4:00  米国  11月財政収支

13日(木)
 6:45   NZ  10月小売売上高
              コア
 9:01   英国  11月RICS住宅価格
 9:30   豪州  11月失業率
            新規雇用者数
17:30   スイス  政策金利発表
            事前予想:2.75%据え置き
22:30   カナダ  10月製造業出荷
            第3四半期-労働生産率

22:30   米国  8日終了週新規失業保険申請件数
            11月卸売物価指数(PPI)
              PPI-コア
            11月小売売上高
                コア


14日(金)
 6;45  NZ   第3四半期-製造業売上高
 8:50  日本   日銀短観
22:30  米国   11月消費者物価指数(CPI)
             コア指数(前月比
             コア指数(前年比)
           11月実質所得
23:15  米国   11月鉱工業生産 
              設備稼働率
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。