2007-08-07-Tue-21:27

新たな火種か・・。

ちょっと気になったので、今回話題の経済用語・。

国よっていろいろ経済政策上の違いがあり、その国の事を知っておいて損はないと思うのですが。
結局、どこの国にもリスクは潜んでいる。そして、一度スポットライトが当たると思わぬ展開になりかねない点・。

今回話題の米国の住宅ローンについて・・。でも、ヨーロッパやオセアニアにも潜んでいるようですが・・。
住宅ローンの借り手の中に、明らかに返済能力に問題がある人がいるのに、ちゃんとチェックして排除してこなかった。
なぜか?
モラルの欠如・。

米銀大手のウェルズ・ファーゴはトリプルAの格付けを持つ。その銀行が住宅ローンから撤退。
貸し手と借り手の間に、住宅ローンブローカーの存在がある・。
彼らに依存している・。

だから、無理なローン契約も行われてきたようだ・。
また、今回の住宅ブームを盛り上げたのは、その仕組み・。
銀行がローン債券を証券化して、投資家に売却するしくみ。
MBS(不動産ローン担保証券)は、米国では国債と並ぶ大きな市場
また、サブプライムを含む各種債務で構成されたCDO(債務担保証券)は、高金利で信用格付けも高い。
したがって、人気の高い商品・。

そこへ潤沢な世界の投資お金が流れこんだようだ・・。
そもそも証券化の利点が生かされることなく、助長してきたようだ・・。
それに格付け会社の問題も発展・。

まだまだ終息の見通しは立たないようだ・。


また次の問題もできたようだ。
「オルトAローン」なるものだ。
住宅ローンのうち、信用度がサブプライムより高く、プライムより劣るに貸してあるローン。
この延滞率が徐々に高まりつつあるようです・。

このようなもろもろなものが集まって実態経済を損なうことが一番の問題のようです・・。
どうなるのでしょうか?


騒ぐつもりはありませんが、知っていても損はないと思いますが・・。
スポンサーサイト
2007-07-17-Tue-04:15

地震から・・

おはようございます。
午後11時、新潟で大きな余震、北海道でも地震。
そして、柏崎刈羽原発6号機で使用済み燃料プールの放射性物質を含む水があふれ、
施設内の排水溝を通じて海に流れ出た、との報道。

地震リスクから一時的な円売りが入ったのかもしれない・・?

しかし上値は限定された。

カナダドルは30年ぶりの対ドル高値を更新!!!
原油も74.15ドル高値引け、相場は1ドル下げて、666.30ドルで引けた。


NYダウもいまひとつパッとせずか、サブ・プライムに関するヘッジファンドの決算待ちか。
米GEがやったのだから、当然やるでしょうね。

欧州時間に比べて、ニューヨーク市場は小動き模様・・。

神経質なのか、
今週予定されいるバーナンキFRB議長の発言待ちなのか?

利通貨は比較的安定に推移かなぁ・。


思わぬ自然現象の連休だったのではないでしょうか・・。
被災にあわれた方、心からお見舞い申し上げます・・。

それにしても、米ドルは買っていいのか、ユーロはいいのか?
サルコジ大統領の他の国の通貨安発言も気なります。
微妙な影・・。

2007-07-14-Sat-14:23

7/9の週は何があったの?

07.7.9の週あったこと・。


9日:予想上回る機械受注も反応なく円売り!午後から欧州指標で一時乱高下。

今週も始まり、引き続き金利差を背景に円売り地合いとなりだした。朝、内閣府が発表した5月機械受注の結果が、事前予想を上回った。しかし円買いには動じず、ジリジリ円売りとユーロ/円はまたもや最高値を更新、豪ドル/円は16年ぶりに106円台へ上昇。

もう手がつけられない円安・日本売り!!

しかしながら、欧州時間に入り藤井財務次官発言が伝わると、ユーロ/円が下落し一時168円台を割り込むと他のクロス円も値崩れ、また英国や独逸の経済指標の結果も重なったことも加わったことでポンドが一時乱高下、その後急伸!追加利上げ期待があるだけに回復も早いようだ・・。

ところで、先週末以来、NZDの値動きがちょっとおかしい!今月後半にNZ中銀のキャッシュレートを控えているだけに、調整なのか、それともなんなのか・・?いろいろなところで目にする・・。本当のところは、どうなんだろうか・・?


NY市場に入ってからは、やる気の見えない終日になったようだが・。唯一、午前零時頃、お決まりの動きで小幅ドル買いになったぐらいで、その後はどうにもこうにもしょうがない展開・・。


 そろそろ引けに入りだした。小幅円安水準で終わったようだ・・。
HOME NEXT