--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-10-Wed-18:56

ニューヨークダウ次第か、それとも定期便の時間に

こんばんは・。
ボーっとしているうちに、いやバタバタしているうちにこんな時間・・。
秋の日の短さは、つるべ落としですね・・。
横道から本題へ・・。
さて、日本時間の明け方、公開されたFOMC議事録・。
内容をみると個人的にはどちらにもとれるのではないでしょうか・・。
どうなんでしょうか、しばらく静観なんでしょうか・・?
そのため、足元の経済指標、小売や消費関係、そして雇用の伸び等に注目があつまりそうだ・・。
この日の動きは、欧州序盤から中盤にかけて、ポジション調整の円買い・ドル買いが終わっていたようだ・。株価が好感し、続伸!!最高値更新、一時・・。リスク許容度改善し始めると、円を売り、手元の流動性の確保のドルを買い戻していたが、手放し投資先へ行きだしたようですね・・。
一応、安堵かな・・。
そして、今日は静かな一日です・。
今夜も定期便の時間に動くだけでしょうか?それとも、株価の調整で動きだすか?
揺さぶりながら、ふり落とされないように注意かな・・。

明日は、来月の追加利上げ観測が高まる豪州の失業率の発表があり、日銀の政策金利の発表。
金曜日が山でしょうか。ニュージーランドの小売売上高の発表、住宅販売が9年強ぶり大幅な減少がある背景もあり、高金利通貨ゆえの悩みがありそうだ・。その点大事な指標となるだろう・。
そして、夜。米国の小売売上高、生産者物価、ミシガン大学消費者信頼感の速報値等が予定・。

さて、ニュージーランドは南半球・。今月から時間に入り、日本との時差が4時間です。経済指標の時間も違ってくるので注意が必要かと思います。
また、豪州は29日から時間、時差2時間へ。そして、ヨーロッパも29日から時間へ、時差ロンドンで9時間へ。ニューヨークは遅く11月5日から時間。



スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。