--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-03-Thu-14:14

これから先・。

こんにちは。
アジア市場は朝方を除いて小幅値を回復し、小康状態に入った・。
目立つところでは、スイスフランへの逃避でしょうか。

対米ドルでは、1.12スイスフラン半ばから一時1.11半ばへ。今日になってからは
1.1180スイスフラン前後で推移。
対ポンドでは、2.2285スイスフラン付近から2.20スイスフラン後半へ急落し、
2.2160スイスフラン近辺で揉み合い。
対ユーロでは、1.65スイスフラン前半から1.6430スイスフラン近辺まで急落し、
1.6455スイスフラン近辺まで戻し、揉み合いとなっている。
対円では、98円後半から97円後半へ、一時97円半ば。そして、97円後半へで揉み合い・。

どうして、この通貨へこれだけ投資資金がシフトするのか?
金利差だけではないようです。
永世中立国のスイス・。

有事のときの避難先、など・・。


さて、悩ましい問題がマーケットを覆い始めたと思います。
原油高です。一時1バレル=100ドルをつけた・。時間外取引でも99ドル台を維持。
エネルギーコストの上昇、あらゆる場所に波紋を投げか、遂にインフレ懸念の台頭という金融当局者の頭を悩ます問題へと発展・・。


午後に入ってから、アジア各国の株価が下げ幅を縮小し、
米先物株価指数もプラス圏で推移。上昇幅を確保・。

全般に行き過ぎに警戒感もあるのか、日中の高値圏に反発している!!


安心はできないが、ひとまず胸をなでおろす・・・・。
ふぅ・・・。
時間の経過とともに模様眺めへと入ってきた。
コーヒーブレーク・・・。


さて、目先、欧州勢の出方だろう・。俄然、力が入るだろう
下値トライをするか、
上値トライをするか?


そして、3日続けてニューヨークダウが下げ続けるか、それとも買い戻しとなるか?
新たな材料を探しだして・・・・。
それに今日の米経済指標も重要・。


                                      
今日もこの辺で・・・。
どうもいかんです。鼻が詰まって・。
思うように働きません・・。
スポンサーサイト
2007-12-20-Thu-16:33

閑散

こんにちは。
長い模様眺め・・。
溜め息ばかり、はぁ・・、はぁ・・。
閑散としています。

市場の期待通り、日銀は金利を0.50%据置きを決定した。
全員一致、しばらく円売りを続けられるとの観測が台頭か・・。
しかし、お隣の国の動きには注意が必要だろうと思う。


海外の関心は、投信設定にからむ外貨買い・円売り・。

しかしながら、サプライズがない限り動きそうにもないようだ・・・。
方向感がない動きがつづく・・・・。
相変わらずポンド軟調地合いのようだ・・。
ドルのポジション調整が続いているようだ・。


そろそろ欧州が登場・。
米先物株価指数も反落。日本株価も午後に入ってから乱高下を繰り返し、ほんの気持ちだけプラスで終わった・。
目先、イギリスの経済指標から始まる。
そして、米国の経済指標に移り、ベア・スターンズ社の決算発表へと注目されるだろう。
世界中の政府系のお金が投入されていく・。
表の顔と裏の顔が違う・。
実権をそのうち握られてしまうかもしらない・。


さて、カナダの政策金利。すでに来年1月時点、利下げ観測が静かに水面下でアナリストやエコノミストの間で囁かれはじめているようだ・。頭の隅にとどめておいてもいいのでは・・。

そんな情報を見つけると、明日のカナダのGDP、小売売上高等の経済指標の発表が予定されている。かなり重要だろうと思う・。




福井日銀総裁の記者会見も目新しさはないようだ。
慎重にならずおえない・。



静かにポンドが売られている・・・。


2007-08-21-Tue-17:08

もう勘弁して・・・。

こんにちは・。

暑い日本列島!
マーケットは荒れ模様・・。
沈静化に向けシグナルを発信したが、世界中にばら撒かれた証券証書・・。

あってないような紙切れに・・。
いい格付けがつき、しかし中身はどうかと言えば、
売りたくても、売れず・・・。
買い手がつかない・・。

そのため、私たちではなじみの薄い米国の公定歩合の引き下げ。
つい連想してしまう、日本の公定歩合と・・。
でも、呼び名が同じでも趣旨が違うようです・。

FF金利5.25%の1.00%に設定されているもので、いわばにっちもさっちも行かなくなった金融機関に貸し出される金利だそうです・。借りる金融機関にとっては、ちょっと恥ずかしい行為。その金利引き下げ、30日間自由にとハードルを低くしたようです・。

この動きから米国のFF金利の年内、いや早期引き下げ観測が台頭しだようです。
何も起きなければ、今ごろ明日からの日銀政策決定会合に向け思惑・憶測がマーケット参加者の間で膨らんでいたんだろが?
後退観測の方が強いようです・・。

またもや、サブプライムローン問題

今度は英国

英国の金融機関がサブプライム問題に関連した損失を明らかにするのではないか、とのうわさが一部に流れだした・。

米国発・ECB・カナダ・スペイン・豪州、付き合いで日本、そして英国までも・。
神経質なマーケットをより神経質なものにさせているようなものではないかと思う・。

このニュースをNY勢はどう料理するか、ダウはどうなるか?

今晩は要人発言と天秤にのせて、判断かなぁ・・。
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。