2007-12-20-Thu-16:33

閑散

こんにちは。
長い模様眺め・・。
溜め息ばかり、はぁ・・、はぁ・・。
閑散としています。

市場の期待通り、日銀は金利を0.50%据置きを決定した。
全員一致、しばらく円売りを続けられるとの観測が台頭か・・。
しかし、お隣の国の動きには注意が必要だろうと思う。


海外の関心は、投信設定にからむ外貨買い・円売り・。

しかしながら、サプライズがない限り動きそうにもないようだ・・・。
方向感がない動きがつづく・・・・。
相変わらずポンド軟調地合いのようだ・・。
ドルのポジション調整が続いているようだ・。


そろそろ欧州が登場・。
米先物株価指数も反落。日本株価も午後に入ってから乱高下を繰り返し、ほんの気持ちだけプラスで終わった・。
目先、イギリスの経済指標から始まる。
そして、米国の経済指標に移り、ベア・スターンズ社の決算発表へと注目されるだろう。
世界中の政府系のお金が投入されていく・。
表の顔と裏の顔が違う・。
実権をそのうち握られてしまうかもしらない・。


さて、カナダの政策金利。すでに来年1月時点、利下げ観測が静かに水面下でアナリストやエコノミストの間で囁かれはじめているようだ・。頭の隅にとどめておいてもいいのでは・・。

そんな情報を見つけると、明日のカナダのGDP、小売売上高等の経済指標の発表が予定されている。かなり重要だろうと思う・。




福井日銀総裁の記者会見も目新しさはないようだ。
慎重にならずおえない・。



静かにポンドが売られている・・・。


スポンサーサイト
2007-10-01-Mon-20:54

不安定な地合い・・。

こんばんは。
ようやく欧州の参入を機に市場は動きだした・。
いろいろ材料はあるようだが、決め手はなんだろうか・?
一部には日銀短観の先行きに対する弱さから追加利上げの時期が遅れるでのはないかとの憶測。
欧州時間だけにヨーロッパ通貨の弱さ・売りが目立つ!
スイスは名門の銀行の赤字が膨らむ件、英国の住宅事情の悪化、
ユーロ高に対する警戒感。

ドル離ればかり強調された先週とは今週は違うぞ!とばかりの欧州通貨売り・ドル買い。
そして、円売りも再開!

資源国通貨は、強い展開。
その筆頭は、豪ドルでしょう・。対ドルでは、18年ぶりの高値0.8911ドル(ロイターより)。
豪州経済は磐石であり、資源国としての需要に対し供給を順調に伸ばし、このまま順調な経済運営をされるなら、
追加利上げの可能性も高まりつつあるようだ・。
さて、欧州も中盤・。そろそろニューヨークの早出の登場をむかえた・。
欧州株価下落に転じると、欧州通貨売り・ドル買いがいを増し!
特に英ポンドが売り気配!!!
ドル円も下げ足を早めた・・。
買って駄目、
ちょっと投げたかなぁ・・。

さて、月も変り欧州やNYは違った意味でやる気モードかもしれない・・。
十分気をつけて・・。
この辺で・・。
2007-09-10-Mon-16:40

もやっと・・・・。

こんにちは・。
欧州市場に引き継がれました。
心配された欧州株は、前日比プラスとまずまずの出だしのようです・。
また、米先物株価指数も下げ幅を縮小中・・。

ドルをはじめクロスは、上値が重い中ジリジリ値をもどす努力をしているようです・。
いたずらは今のところないようだが・・。
こうなるとニューヨークダウとNYの出方次第でしょうか・?

目立たないところでは、フランスの鉱工業や製造業の結果は非常にいい結果。
この後は、午後5時半の英国の生産者物価指数の発表が予定されている。

少し早いですが明日の材料です。

OPEC総会が予定。現在、76ドル後半と忍び寄る影の如く・・。米国など消費国が増産を求めるなか、増産に転じる決議をするかどうかが焦点。中国、インドなど新興国が消費を伸ばす中非常に気なります・。
昨年はとても注目された材料ですが、今回は下火・・。それよりも米国経済の行方に世間の目が以降している・・。

次に、日本の7月の機械受注。そして、中国の消費者物価指数。依然として過熱化している模様。数字如何では年内再度利上げの噂もあり・・・。
また、なんと言っても話題の中心人物の講演としてバーナンキFRB議長が独逸のベルリンで・。
いつもより早いかもしれない・・。
そして、7月の米貿易収支・。対中赤字が個人的には注目・・。
すぐには改善されないだろうが・・・。


安に傾斜・・・。

いまひとつパッとしない動き・・・。
HOME