FC2ブログ
2008-01-22-Tue-07:16

ピボットとフィボナッチです。08年1月22日用・。

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。こちらは、ピボットです。
前日の一日を通しての、高値安値ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
使い方、但し保証の限りではありませんので・・。

22pi.jpg

これは、リアクション・トレンド・システム(逆張り)といわれるもので、
海外でデイトレーダーが中心に利用さているテクニカル指標だそうです。
それによると二通りの方法・考え方があるそうです。
「リアクションモード」・「トレンドモード」

★リアクションモード、ボックス相場のとき、
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。

★トレンドモード、相場に方向性が出たとき、
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。

◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。

参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。
ご注意してください。



こちらのフィボナッチはピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.5と0.618、1.0と1.328をかけて作ってあります。
より細かく、より判りやすく・・・。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
22fi.jpg
2007-12-24-Mon-11:13

難しい局面・・。

おはようございます。
先週末の整理をしてからでないと、今後の方策が見えてこないと思う・。
ドルは6週間ぶりとなる114台・。先週はずっとボックス相場で推移・。
それよりもユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル等の対米ドルが主役だった・。

しかし、金曜日。米メリルリンチがシンガポールの政府系ファンドであるテマセク・ホールディングスから、最大50億ドルの資本注入を受ける方向で協議を進めているとのウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙の報道がアジア時間に発表された・。当の国の市場が始まらないと本当の相場の姿が見えてこないとは、歯がゆいものだ・・・。
ニューヨークダウはプラス205.01ドル高、13450.65ドル大幅な反発。欧州株も大幅な上昇となった。
当然の如く、売り再開へ!!!

対ドル相場は、利益確定の売りが入り易く、上値が重いようだが、原油高・エネルギー高から来るインフレ懸念の憶測は、波乱材料になりそうだ・。
依然として、1バレルあたり90ドル台を維持・。

金利差を考慮に入れれば、売りは必定だろう・?
また、NY株価がこのまま好調を維持すれば、なおさらだが、一方方向か?

楽観論が台頭しだしたようだが、米国の発表する経済指標の数字にいまひとつ信頼できない・。
来年、各国の金融当局のボードメンバーの任期期限が迫っている・。
色合いの濃い国も出てきそうだ・・。

非常に難しい・・。

2007-11-24-Sat-06:21

とりあえずか・・?

おはようございます・。
一抹の不安を残しながら、ドルは2年半ぶりの安値から値を戻し10830-40銭近辺で今週の取引を終えようとしている・。
波乱の23日がおわろうとしている・・。
ECB当局者の相次ぐ発言を受け、投資先としてユーロ圏も万全ではないぞと!
市場は日本経済をちゃんと評価しろと!
薄い市場を右往左往・・・。
アジア欧州、NY式と堅調に推移・・。
ニューヨークの午後は、いいように暴れた市場を右手に、感謝祭の余韻に浸っていたのか、
それともやる気が失せたのか、静かな時間と値動きを刻んでいる・・。
レールは決まった・・。
発言・タイミングか?

では、朝から失礼しました・。
下記チャートは、ドルとユーロドルドルスイスとドルカナダの5分足です。
07.11.24a.jpg

07.11.24aa.jpg

RREVHOME NEXT