--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-04-Tue-17:00

円高へ!!!

こんにちは
急な土砂降り、雨模様・・。
困った・・・。
傘がない・。

さて、この時間になって急激な買い模様!!!

今週も金融機関に関するうわさから始まった・。
欧州勢が主導権を握る時間を迎えた・・・。
欧州株が下落。米先物株価指数なるものも下落・・・。


個人的にはドルは大きくレンジの中に入っているのではないかとおもっています。
114~117
このレンジを抜けた方に動きだすのかな、と思っています・。

それよりも、ユーロやポンド、オセアニア通貨等のクロス円の方が振幅の幅が大きいと思います。
なぜって、クロス円だからです・・。

掛け算だったり、割り算だったりと・・。
チャンスはクロス円・・。
そして、国がしっかりしているとこか・・。

この間のような急激な円高は、考えられないけど・・。
市場が不安がっているうちは、先に進めない・・。

安心は、いつか・・?

ニュースを読むとアメリカのカントリーワイドなる住宅ローン会社は相当大きく、影響ははかりしれないらしい・・。

大きすぎて潰せないとか・・・。
いろいろその国の事情があるようだ・・。


無責任な会社運営があるとか・・。


目がまわるぞ・・。
スポンサーサイト
2007-08-17-Fri-01:11

終着駅は・・?

こんばんは・・。

二の舞になったのか、ロンドン時間正午・・。
日中も東京市場のお昼頃から、急激な買いが入り、ドルをはじめクロスが総崩れ!

5日連続のニューヨークダウの下落の爪あとは、影響大!
軟調地合いの中、日経平均株価下落し午前中の取引を終え、
一服・・「はぁ・・・」

そのときを待っていたかのような買い、売りがドッと殺到!

ドルは、116.40近辺から115.75近辺へ
ユーロは、156.10付近から155.25前後へ。
豪ドル円は、95円前後から92後半へ
NZD円は、81円前後から79円半ばへ。
それぞれ一時、騒然の事態に・・。

その後は、何も無かったように小幅反発・・。
小動きとなった・・。

欧州勢の参入後も鈍い出足・・。今週は特に鈍いと思ってしまう・・。
ヨーロッパの経済指標の結果は、ほぼ予想通りの結果で、マーケットへの影響は限定・。

しかし、ここでもロンドン市場の正午頃!
突然!
仕掛けか!!
パニックを思わせる売りがドル円をはじめ円関係に入り、ものの数分で大台が変る!
見たことない動き!
ドル円は113円台半ば、
ユーロ円は151円後半、
豪ドル円は、89円台
NZD円は、76円半ばと、

秒・・・・単位・・。

欧州株価も下げ、米先物株価指数も大幅な下落と先を見ての投機的な動きかもしれない・。
その後の米経済指標の結果は予想を下回った・・。
打つ手なし・・。
NY連銀オペ実施・・。
出る出る、住宅ローン関係の会社の嫌ニュース、それも資金供給をした国々から・・。


これは、円安トレンドが始まった時の水準まであるかもしれない・・・。
(取り越し苦労であればいいのだが・・。)
2007-08-14-Tue-16:18

なんとなく嫌な感じが・・・。

こんにちは・・。
お盆休みの帰省ラッシュから、今度は生活の拠点のあるところへのUターンラッシュが始まりだしたようですね・・。

金融不安をなんと防ぎたいとの思いから、ECB、FRBと
なぜか、日銀・・。
それにカナダまで・・。


今日続けて・・。


今日は豪州までも・・。
住宅ローンを手掛ける豪RAMSホーム・ローンズ・グループが、現在の信用市場の状況が続けば2008年の業績に影響が出る可能性があると警告したことから、対米ドルで大きく売りこまれ、6/27以来の0.8375-80ドルの安値をつけた・・。
豪州、君までも・・・。


不用意な中央銀行の資金供給は、無用な不安を新たに作り出す土壌を形成しているのではないか、
今は、いいが、

秋以降、この影響がどうでるか?
劇薬は劇薬でしかないと思うのだが・・。

ユーロ売り
ポンド売り
豪ドル売りカナダ売りになりそうな気配か。

ドルよりもそれ以外に荒れ模様かもしれない・・。


HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。