--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-08-Sat-10:50

厳しい現実

こんにちは。

今週のいろいろ材料あり、思惑・噂が市場の間を飛び回っていたようです。

さて、今週を振り返って、個人的な後付かもしれない出来事をピックアップしました。

07.9.3の週の材料

8月最後の週、ブッシュ大統領、FRB議長の相次ぐ今回の問題の収拾に向けて発言を受けて始まった今週。

しかし主役不在の3日月曜日は小動きにとどまった。焦って無理をせず・。

4日火曜日。
今日から全ての参加者がそろう。東京時間115後半でもみあいの続いたドル/は、夕方、急落。一段の買いを誘発するストップロスを巻き込みつつ、一時11534銭まで下落。東京時間からサブプライム問題に絡み、一部大手金融機関が損失を抱えているとのうわさが飛び交っていた。また、朝方の欧州株が下落して取引が始まったことも一因と・・。

 リスク回避の買いはクロスにも波及。ユーロ/円は、アジア時間157円後半での揉み合いが、夕方一時156円55銭まで1円超、英ポンド/円は同様に 233円後半から232円前半まで2円近く一気に円高。急速な円高が進んだ場面では、市場参加者の主なプレーヤーが同時に円買いに動いたとか・・。

 しかし、注目米国市場が始まると流れが変った。8月ISM製造業部門景気指数が小幅な低下にとどまり、米株式市場が値を戻したことなどから急速に円売りが入った。しかし頭は重いようだ・・。

 豪州は、GDPの結果を好感。首相や財務相は強気な発言。

5日水曜日。
今週第1弾。豪州の政策金利発表。残念ながら据え置きの6.50%。前日の発言もあったので、内心(もしかしたら)と・・、思った参加者もいたかも知れませんが・・。

スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。