FC2ブログ
2007-07-19-Thu-18:54

どうかな・・、今晩は・・。

こんばん。
早いもの今月もあと10日ぐらいですね。空梅雨と言われていたのですが、7月に入ってからはどんよりした空模様。そして、急激な気温の変化に体がついていかられず、だるいようです・・・。

みなさんも健康管理には十分気をつけてください・。


真夜中の業務を終え、帰宅に着こうとしたとき、
「マンハッタンで爆発!!」
があったようです。

この時間になってしりました。情報ソースで見ると、地面から吹き上がる煙、マンハッタンのビル郡を囲む煙・・。

これを見ると、まさか!って思う・。

最近、テロの警戒の報道が米国からささやかれている最中だけに・・・。

調べてみれば、地下のボイラーの爆発とか。でも夕方のラッシュ時、一時騒然!


それが欧州時間に再度蒸し返されているとか・・?
FRB議長の証言もあり、米ドルが弱いときだけに・・・。

さて、今夜は午後10時半から証言が始まる。ニューヨークダウの開始時間と同時に!
ただ、昨日今日ですので、内容に隔たりはないと個人的に思っています。

ただ、FOMCの議事録の内容が知りたい。議長の発言との隔たりがあるのか、同かを!!


夕方の欧州各国の指標の結果は、事前予想を下回りやや売り気配のようだ・・。
ただ、行き場所がないのようだ・・。

原油へ、それからより安全な債券市場へ、殺到しそうな気配・・。



さて、最近何かと話題を提供している中国
中国人民銀行(中央銀行)がこの日の基準値を切り上げ後の最高値に設定したことや、発表された6月の同国消費者物価指数(CPI)が前年比4.4%と予想を上回ったことを受けて、近く利上げがあるとの見方が広がり、織り込みだしたかもしれない・・。
明日も指標がある。

週末は用心が必要かも??


くれぐれも最終判断は、ご自身でお願いします・。

では、また迷うなかに・・。
2007-02-28-Wed-11:33

さすがアジアの大国

こんにちは。
まさか117台は・・?

でも、こんな風なるから怖いと思うか、いやだからチャンスと思うか・・・、どちらかでしょうか。

為替ばかりに目を奪われていたら、株式市場の動きから債券市場へ、そして、為替市場へと。

債券は、金利があがると価格が下がるというシーソーのような動きするのです。
金利が上がると、価格は下げる
金利が下がると、価格は上がる。
最初知ったときは、理解に苦しみましたが・・。

さて、
中国政府が株式市場の過熱を抑制するために投資資金の流入を規制しようとしているのではないか、

・事前予想時から悪くい1月米耐久財受注が予想外の大幅悪化

・中東情勢の緊迫化などが背景とされ

・新興国債券市場では、中国を中心とした世界的な景気減速や流動性低下への懸念を背景に、リスクスプレッド(米国債との利回り格差)が20ベーシスポイント超拡大。

などから、
中国市場の株式市場が、ハンセン市場が前日比▼360.08、上海市場も▼268.81、深セン総合も▼66.31
それからインドの株式も▼170.69と、

昨日は、世界的な株の安値を記録したようです。

ここの国は、来月ポールソン米財務長官が日本を始めアジアを訪問。
そのまえの地ならしか、

米議会の思惑か・・・。

では、また。
RREVHOME