FC2ブログ
2007-09-14-Fri-17:00

往来相場が続く・・。

こんにちは。

今週もようやく金曜日。

中には3連休の方も多いので・・?

さて、今朝日本時間午前4時ごろ。
NY市場の引け際に出た英国の住宅金融大手ノーザン・ロックが
イングランド銀行(英中銀)から緊急金融支援を受ける見通し
との報道が、格好の円買い材料になり、
急落!!
しかしながら、この手の報道もある部分では、きりがないと思う・。
抜本的な解決策でるまで繰返すと思っています。
午前8時前の上記を材料に円高へ。

その後は、日本株の動向や3連休前、
5・10日、投信がらみなどの円売りから円安に傾斜・。
往来へ・・。

今日の日経平均は、
ちょっと違う。
何が・・。
どう・・。
そうね・・。

政局がにわかに動き出したようだ。
それに前々から、まだ発表されていないが9月の月例経済報告の下方修正の噂もあり海外勢の円売りを活力を与えるているようだ・。

ドル安もOKのようですね。
原油相場が、80ドル台に上昇。
在庫減、ハリケーンの襲来とかで・・。
そうなるカナダ。対ドルで30年ぶりのカナダ高・・。
すごいね。
スイスフランも2年ぶりのスイスフラン高・。

でも、米国の経済指標はどこまで本当なのか?

今夜の米の経済指標の注目されいる。
経常収支、小売売上高、そしてもっとも振れ幅の大きいミシガン大学消費者信頼感指数。

それに、金曜日特有のニューヨーク時間設定のオプションの権利行使、ロンドンフィキシング等で、非常にナーバスかもしれません。

一通りのイベントを終了すれば、小動きかな・・?


今週もありがとうございます。
機会がありましたら、更新したいと思います・。では・・・。
2007-07-05-Thu-02:59

テロレベル、なぜ住宅ローンも

おはようございます。
午前2時過ぎ英国政府は、
テロに対する警戒レベルを
「CRITICAL(危険)」から「SEVERE(厳しい)」に引き下げと発表

このことは、材料の乏しい今日の市場にとって重大な要素・。
それまで、ユーロ圏の悪い経済指標を受けてもびくともしないユーロドルが下落。

ポンドが買い戻されはじめた・・・。

ユーロポンド、0.6755-60⇒0.6745-50へ
ポンドスイス、2.4515-20⇒2.4540へ


でも、気になるニュースも。飛び火か、住宅ローン。
イギリスのローン慣行は不適切と、
英金融当局が・・、おいおいちょっと待った!!!



どうなってしまうの!

アメリカでも揺れている最中。ポンドまでこけると・・・。

ちょっと怖いね・・。
2007-07-03-Tue-19:31

乱高下!!

こんばんは。
売りと言うか、安に進行中だった午後3時まで。
この時点が、安の最高!!

午後4時、欧州勢が参戦、ロンドンシティー街で不審車・。
普段であれば、ポンド売り、米ドル売りとなると思われたが、
逆に、大量のドル買い・買いが入ったのか急落・

ドル:123.65-70⇒123.35-40

ユーロ:167.15-20⇒166.40-45
ユーロドル:1.3630-35⇒1.3290-95

ポンド円:247.60⇒246.60-70
ポンドドル:2.0190-95⇒2.0140-45

ドルスイス:1.2110-15⇒1.2170-75
スイス円:101.15-20⇒100.60-65

と昨日と・・

ECB・英中銀の金利動向もある中、下げ・・。

今晩はどうなるか・・?
RREVHOME NEXT