2007-10-06-Sat-13:21

今週の物語・・。為替マーケット

おはようございます。
期が変わり日本勢よりも海外勢の方が気合十分のような動きを見せだしたと感じる週・。
そんな印象を与えたと思う・・・・。

今週を振り返って、個人的な感想や視点でまとめたものです・・。
なんら保証の限りではありませんので・・あしからず・。


1日(月)。曇り空、肌寒い一日・・。シドニー市場と東京市場の薄い中ユーロが対ドルで、1.4281ドルと1999年ユーロ導入来最高値をつけた。しかしながらそれ以降は、最近のユーロ高にけん制する発言も多く、高値警戒感からユーロ売りが散見されだした。あとは今週最初のイベント、日銀短観に気持ち目が向いたかも・・?結果は好感される内容となり一時的に円買い強まっただけ・。株価の方が反応よろしく・・・。ドル円を始めクロス円はこの日の安値をマーク。ドル円は114円74銭、ユーロ円は163円74銭、ポンド円は234円77銭、オセアニア通貨の豪ドル円は、101円97銭、NZドル円は87円19銭・・。依然として、米国の大幅な利下げ観測の台頭や商品相場の上昇など材料に資源国通貨への投資リスクをとる動きが活発化しだしたようだ。特に目立った通貨では豪ドルが対米ドルで18年ぶりの0.89ドル台の大台!!
そのあとは、悶々とした長い時間を費やした。
スポンサーサイト
2007-08-04-Sat-00:52

荒れるNY

こんばんは・。

今週もありがとうございました・・。
なぜか
こんな時間に更新中・・。

一連の悪い結果となった米経済指標。
素直な米ドル売りへ・・。
それに対する資金の移動先が、欧州通貨のようだ・・
ヨーロッパは元気のようだが、似たような事情を抱えているはずだ・・。

ドルは一時118前半へ
ユーロドルは、1.38ドルまであと一息と。

オセアニア通貨はもみ合いながら、弱含み気味・・。


さて、あとはダウがどのような動きになるかでしょう・・。
ほどほど疲れるマーケットだ・・。

では、この辺で。
HOME